スターチスの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

スターチスは花持ちが良く、
切り花、ドライフラワーとして重宝します。

スターチスは花色が豊富なのが特徴で、
赤、ピンク、白、黄色、紫などがあります。

華やかな花に見える部分は萼(がく)で、
実際の花は萼の中に咲きます。

そこで今回は、
スターチスの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

スターチスの花言葉について

スターチスの花言葉は、
「変わらぬ心」「途絶えぬ記憶」「変わらない誓い」です。

これは花もちがよく、
ドライフラワーにしても褪色しないことに由来しています。

スターチス

 

 

 

 

スターチスの育て方について

土づくりの仕方について

鉢植えの場合は、
市販の草花培養土を使用します。

草花用培養土

 

スターチスは、酸性土壌を嫌います。
地植えの場合は、
植え付ける1〜2週間前に、酸性土壌を改善するために苦土石灰をまきます。
さらに腐葉土や堆肥などの有機質資材を植え場所に投入し、
よく耕してふかふかの土をつくっておきましょう。

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、10~11月です。
高温多湿を嫌うので、
日当り、水はけの良い涼しい所で、
乾かしぎみに育てます。

長雨時は軒下に移すなど雨除けをしましょう。

また、夏の直射日光と暑さは苦手なので、
真夏は直射日光を避け、風通しが良い場所で管理します。

 

 

 

水やりの仕方について

スターチスは、過湿に弱いので、
鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

地植えの場合は、特に水やりの必要はありません。

 

 

 

 

肥料の与え方について

スターチスには、肥料はほとんど必要ありません。

植えつけの時に、
緩効性肥料を混ぜ込んでおくだけで大丈夫です。

マグアンプ

 

3月頃に追肥として、
液体肥料等を施すと良いのですが、
特に生育に問題がなく、元気にぐんぐん育っているのならば、
液肥も必要ありません。

ハイポネックス

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

スターチスは、種まきで増やします。
種は2~3月、9~10月のどちらでも播けますが、
秋播きの場合は霜除けして越冬させます。

覆土はバーミキュライトの細粒で、
タネが少し見える程度にごく薄くします。

バーミキュライト

 

 

 

 

病害虫対策について

9月から7月の間の生育期間を通じて、
アブラムシが発生します。

害虫が発生したら、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

 

9月から7月の間、過湿や根詰まり、
肥料切れなどで下葉が枯死したとき、
立枯病が発生しやすくなります。

早めの殺菌予防を心がけます。

ダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す