スズランの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

日本で広く栽培されているスズランは、
ドイツスズランです。

日本に自生するスズラン、C.ケイスケイもあります。

芳香があり、清楚で愛らしい姿は、
幸せを呼ぶ花として世界中で愛されています。

そこで今回は、
スズランの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

スズランの花言葉について

スズランの全般的な花言葉は、
「再び幸せが訪れる」「純粋」「純潔」「謙遜」です。

スズランの花が春の訪れの象徴になっていることが由来しています。

スズラン

 

 

 

スズランの育て方について

土づくりの仕方について

水はけと通気性に富み、
適度な保水性のある土が適しています。

自分で配合する場合は、
赤玉土小粒6、腐葉土3、軽石1などで配合します。

日本産のスズランを植えつける場合は、
さらに1割ほど軽石を追加します。

 

 

 

 

植えつけ方について

スズランはの植えつけ時期は、
10月~12月上旬4月~5月上旬です。
強い直射日光を嫌います。

ですので、夏に半日陰となる落葉樹の下などで育てます。
水はけのよい土壌を好むので、
腐葉土や堆肥などの有機物をよくすき込んでおきます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

地植えの場合は、
特に水やりの必要はありません。
晴天が続いて乾燥が続く場合は水やりをして補いましょう。

 

 

 

肥料の与え方について

植えつけの時に、
元肥として緩効性化成肥料を土壌に混ぜます。

マグアンプ

 

その後は、、開花後の6月頃に追肥として、
緩効性化成肥料または液体肥料を施します。

ハイポネックス

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

株分けで増やします。
10月中旬から11月下旬、または3月の休眠期に、
地下茎を4~5芽くらいに切って株分けします。

 

 

 

病害虫対策について

特に発生しません。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す