アカバセンニチコウの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

アカバセンニチコウは、
赤葉が美しい千日紅の仲間です。

短日植物で、
秋に日が短くなるとクリーム色の小さなポンポン花を咲かせ、
葉色との対比がきれいです。

クリスマスの寄せ植えにもぴったりです。

春から夏はカラーリーフとして、
寄せ植えや花壇を彩ります。

そこで今回は、
アカバセンニチコウの育て方について紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

アカバセンニチコウの花言葉について

赤褐色の葉は、
明るい色の花をより引き立たせるわき役として活躍します。

花壇の縁どりに利用してもおもしろい植物です。

花言葉は、
「燃え上がった情熱」
「熱しやすく冷めやすい」
「熱すると冷める恋」
です。

アカバセンニチコウ

 

 

 

アカバセンニチコウの育て方について

土づくりについて

アカバセンニチコウは、
水はけの良い土を好みます。

赤玉土(小粒)を6に対して、腐葉土を4の割合で配合します。
元肥として、緩効性化成肥料を混ぜ込んで土を作ります。

 

屋外の日当たりの良い場所から、
半日陰で管理しましょう。

日陰では緑がかって、
間伸びもするので気を付けましょう。

 

 

 

 

水やりの仕方について

アカバセンニチコウは、
乾燥気味の育てるとよく育ちます。

鉢植えの場合は、
表面の土が乾いたら、たっぷりと水を与えます。

庭植えの場合は、特に水を与える必要はありません。
自然の雨だけで十分です。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

肥料は、さほど多くを必要としません。

肥料をやりすぎると、
葉が伸びすぎてしまいます。

春から秋にかけて、
緩効性化成肥料を与えます。

緩効性化成肥料は、
マグアンプが適しています。

マグアンプ

 

 

 

 

切り戻しのやり方について

春から夏にかけて、よく育ちます。
そのため、草姿が乱れやすくなりますので、
高くなりすぎたいるなら、切り戻しを行いましょう。

切り戻した枝は、挿し木に使用できます。

 

 

 

 

増やし方について

挿し木で増やすことが出来ます

時期は、成長期の春から夏の間に行います。

2、3節のところで茎を切ります。
下の葉を取り除き、水揚げをし、
挿し木用の用土に挿しましょう。

水を切らさないように注意をしながら、
明るい日陰で根がはるのを待ちます。

用土は鹿沼土がお勧めです。

 

 

スポンサードリンク




 

 

冬越しの仕方について

耐寒温度は、5℃になります。

多年草ですが寒さに弱く、
霜にあたると枯れてしまうので、
冬越しさせる場合は鉢植えにして、
冬季は室内の明るい場所などで管理してください。

 

 

 

 

病害虫対策について

アカバセンニチコウは、
病害虫に強く、ほとんど発生しません。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す