コーンフラワーの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

コーンフラワーは、細い茎の先端に
青、白、赤色や交じり合った色合いの花を咲かせる1年草です。
元々は麦畑などに生えていた雑草でしたが、
園芸用に品種改良された草花です。

シャンプーやリンスの原料として利用されるハーブです

また、生の花をサラダやフルーツに添えたり、
アイスクリームに混ぜると美しい彩りが楽しめます。

そこで今回は、
コーンフラワーの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

コーンフラワーの花言葉について

コーンフラワーの花言葉は、
『繊細』『優美』『優雅』『教育』『信頼』『独身生活』 です。

 

西洋では、繊細で上品、ピュアなイメージの花となっています。

 

コーンフラワー

 

 

 

 

コーンフラワーの育て方について

土づくりの仕方について

コーンフラワーは、水はけの良い土を好みます。

市販の土を使用する場合は、
草花培養土を使用します。

 

草花培養土

 

自分で配合する場合は、
腐葉土3:赤玉土6:パーライト1の割合で混ぜ込んで使用します。

 

また、家にある庭土を使用する場合は、
腐葉土を混ぜ込んで水はけを良くしておきましょう。

 

腐葉土

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

日当り、水はけの良い場所を好みます。

11月中旬頃までに、箱まきやポットまきで育てた苗を定植します。
風通しをよくするために、
20cmくらいの間隔を空けて植え付けます。

 

注意点として、
苗を植え付ける場合は、根を動かさないように注意します。

また、コーンフラワーは耐寒性があり寒風にも耐えますが、
過湿には弱いので梅雨時などは軒下に移動して、
長雨を避けます。

 

 

 

 

水やりの仕方について

土の表面がしっかりと乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

肥料はあまり必要としません。
肥料が多すぎると、丈が伸びすぎて、
葉が多い茂り、倒れてしまいます。

ですので、植え付けの時に元肥として、
牛糞を混ぜ込んでおきます。

 

牛糞

 

その後は、3月頃に
少量のマグアンプを与えます。

マグアンプ

 

 

 

 

利用方法について

筒状の美しく澄んだ青色の花は、
乾燥しても色あせないので、押し花やポプリに最適です。

生の花をサラダやフルーツに添えたり、
アイスクリームに混ぜると美しい彩りが楽しめます。

花の浸出液には収斂作用と消炎作用があり、
口内炎のマウスウォッシュや切り傷の湿布として利用できます。

シャンプーやリンスにも利用されます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

種まきで増やすことが出来ます。

9~10月に直播きして、
間引きながら育てましょう。

こぼれ種でも良く増えます。

 

 

 

 

病害虫対策について

ダニが発生することがあります。

発生したら、
ベニカXファインスプレーを散布しましょう。

草花、花木や庭木の幅広い植物に使える殺虫殺菌剤です。
害虫に対しては速効性と持続性があります(アブラムシで約1カ月)。
病原菌の侵入を防いで病気も防除します。

ベニカXファインスプレー

 

 

また、うどん粉病が発生することがあります。
予防のために、ダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す