スプレーマムの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

スプレーマムは菊の種類ですが、
日本の菊とは違い、
1本の茎に複数の花を咲かせるアメリカ生まれの品種で、
おしゃれな雰囲気を楽しめることかできます。

スプレーマムは丈夫で育てやすく、
次々と花を咲かせる多年草です。
草丈は60~90㎝ほどにもなります。

そこで今回は、
スプレーマムの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

スプレーマムの花言葉について

スプレーマムの花言葉は、
「清らかな愛」「高潔」「気持ちの探りあい」です。

 

ウェディングブーケによく用いられます。

スプレーマム

 

 

 

 

スプレーマムの育て方について

土づくりの仕方について

弱酸性の水はけの良い土を好みます。
市販の菊の培養土を使用します。

菊の培養土

 

自分で配合する場合は、
赤玉土(中粒)5、腐葉土3に対して、酸性用土にするために、
ピートモス2の割合で混ぜ合わせて使用します。

ピートモス

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、3~6月です。

日光を好みますので、
真夏以外は日当りの良い場所で管理します。

また、霜にあたると枯れてしまうので、
冬は霜に当たらない場所であれば冬越し可能です。

 

 

 

 

水やりの仕方について

土の表面が乾いたら、
鉢底から染み出るくらいしっかり水を与えます。

 

 

 

 

肥料の与え方について

菊専用の培養土を使用した場合は、
元肥は必要ありません。

自分で配合した土を使用する場合は、
元肥として、緩効性肥料を混ぜ込んでおきます。

 

菊乾燥肥料

 

その後、9~10月は7~10日に1回、
水で薄めた液体肥料を水やりと合わせて与えましょう。

ハイポネックス

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

挿し木で増やすことが出来ます。
適期は、5~6月です。

太く元気のよい茎を新芽の先端から、
5~8cmほどの長さに切り落とします。
次に先端の葉っぱは2~3枚残して、
他の葉っぱを取り除き、鹿沼土に挿します。

 

挿し木に発根促進剤メネデールを使用することによって、
失敗を防ぐことが出来ます。
薄めたメネデール液に2~3時間浸してから、挿します。

 

メネデール

 

 

 

 

病害虫対策について

アブラムシやヨトウムシ・ハダニが発生します。

 

害虫が発生したら、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

また、うどん粉病や灰色カビ病が発生することがあります。

早めの殺菌予防を心がけます。

ダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す