スモークツリーの育て方について 元気に育てるコツを紹介します

スモークツリーは、
その名前の通りで、花を咲かせた後に
フワフワとした煙のような不稔花を見せるのが特徴の植物です。

遠くから見ると煙を上げているように見えることから、
この名前が付けられました。

最近庭木としても、庭のシンボルツリーとしても、
急速に普及してきています。

そこで今回は、
スモークツリーの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

スモークツリーの花言葉について

スモークツリーの花言葉は、
「煙に巻く」「賢明」「賑やかな家庭」「儚い青春」です。

スモークツリーの煙というイメージから、
すぐに消え去ってしまう青春時代を例えたことが由来です。

スモークツリー

 

 

 

 

スモークツリーの育て方について

土づくりの仕方について

庭の土に堆肥や腐葉土を混ぜ込んで、
有機な土に植えます。

 

 

 

 

植えつけ方について

スモークツリーは、
日当たりと水はけの良い場所が適しています。

成長が早いので、地植えで育てます。

 

植える時期は、
11月~3月上旬の根が落ち着いている落葉期に行います。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

地植えの場合は、
特に水やりの必要はありません。

 

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、しっかりと水を与えます。

 

 

 

 

肥料の与え方について

地植えの場合は、
特に必要ありません。

 

鉢植えの場合は、
寒肥として12月から3月頃までに、
緩効性化成肥料を施します。

寒肥

 

 

 

 

増やし方について

挿し木でふやすことができます。

挿し木をする時期は、花の開花が終わった後に行います。

夏に伸びた枝の先端から10cm位のところを切り、
根の発根を良くするために、
発根剤の液に30分から1時間くらいつけてから、
挿し木をします。

根が出てくるまでは日陰に置いて、
土は乾かないように管理します。

 

メネデール(発根促進剤)

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

風通しが悪いと、
カイガラムシが発生することがあります。

カイガラムシには、
マシン油で対処しましょう。

 

マシン油乳剤は機械に使う潤滑油を乳化させたもので、
昆虫が呼吸をしている気門を塞いで窒息させる効果があります。

成虫で越冬中のカイガラムシにも効果が期待できる薬剤です。

12月~2月の晴れた日を選んで丁寧に散布して下さい。
冬の時期に何度か散布することで、
カイガラムシの発生を予防することが出来ます。

マシン油乳剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す