ベロニカの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

ベロニカは、小さな花を散りばめた
槍を空に向かって咲かせる姿が印象的な花です。

繁殖力があり、手間がかからないので、
初心者向けです。

涼しげな花色と整った草姿が魅力の植物で、
ボーダーガーデンなどに多用されます。

そこで今回は、
ベロニカの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

ベロニカの花言葉について

ベロニカの花言葉は、
「忠実」「名誉」です。

 

ベロニカという名は、
その花がキリスト教の聖女ベロニカに
捧げられたものと言われたことから、
付けられたそうです。

ベロニカ

 

 

 

 

ベロニカの育て方について

土づくりの仕方について

一般の草花培養土が利用できます。

草花用培養土

 

 

自分で配合する場合は、
赤玉土7、腐葉土3の割合で混ぜ合わせて使用します。

 

 

 

 

植えつけ方について

日当たりを好み、
有機質に富む水はけのよい場所が適します。

植えつけの時期は、
3月~4月と9月下旬から11月中旬です。

根づくまでは乾燥に注意します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

地植えの場合は、
根付いたら特に水やりの必要はありません。

自然の雨のみで大丈夫です。

 

 

 

 

肥料の与え方について

秋に、株のまわりに緩効性肥料を置き肥として施します。

マグアンプ

 

 

春は速効性の液体肥料が適しています。

ハイポネックス

 

 

 

 

増やし方について

播種と、春または秋の株分けでふやすことができます。

 

種まきの場合は、
4月~5月または9月下旬~10月に撒きます。

 

株分けは、
植えつけ、植え替え時に行います。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

生育中は、アブラムシが付きやすいので注意します。

 

アブラムシには、
オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

 

 

また、過湿になると立枯れ病を起こしやすいので、
注意します。

 

立枯れ病には、
ダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す