クリスマスローズの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

クリスマスローズは、
冬の花が少ない時期に花を咲かせる常緑の植物です。

初心者でも育てやすく、
日陰でも育てられ、さらに寒さに強いため、
冬のガーデニングには欠かせない存在です。

そこで今回は、
クリスマスローズの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

クリスマスローズの花言葉について

クリスマスローズの花言葉は、
「追憶」「私を忘れないで」「いたわり」
「安心させて」「不安を和らげて」です。

古い時代からヨーロッパで、
薬効のある植物として知られていました。

 

クリスマスローズ

 

 

 

 

クリスマスローズの育て方について

土づくりの仕方について

クリスマスローズ専用の土が市販されていますので、
専用培土を使用します。

 

クリスマスローズの土

 

 

 

植えつけ方について

クリスマスローズ の植え付けは、
10月~12月に行います。

クリスマスローズは、直射日光に当てると、
葉が傷んでしまうことがありますので、
半日蔭が適しています。

 

鉢植えで育てる場合は、
春や秋は日光に当てて、夏は日陰で育てるなど、
季節ごとに最適な日当たりの場所へ移動させてやると、
元気に育ちます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

 

 

肥料の与え方について

肥料は、生育期である冬から春にかけて与えます。
1週間から10日に1回を目安に、
液肥を定期的に与えます。

 

ハイポネックス

 

休眠期の夏には、
肥料を与えないようにしましょう。

 

 

 

増やし方について

10月~12月に株分けでふやします。
あまり細かく分けると、
株分け後の生育が悪くなるので、
少なくとも3芽以上つくように分けましょう。

 

また、種まきでも増やすことが出来ます。
注意点は、一度使用した土を再度使用しないという事です。

播種は9月に行います。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

ハダニやヨトウムシが発生することがあります。

発生したら、オルトランが効きます。

 

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

また、灰色カビ病が発生することがあります。

発生したらダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す