クレオメの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

クレオメは大型の一年草です。
花が少なくなる真夏にも元気によく開花します。
夕方近くに開花します。

風に蝶が舞うような花姿をしています。

太くて長い雌しべと、
さらに長い雄しべが突出している姿がユニークです。

そこで今回は、
クレオメの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

クレオメの花言葉について

クレオメの花言葉は、
「秘密のひととき」「風に舞う胡蝶」「想像したほど悪くない」です。

1輪の花の寿命は短いですが、
毎日先端に向かって咲き進みます。

 

クレオメ

 

 

 

クレオメの育て方について

土づくりの仕方について

用土は市販の草花用培養土を使います。

自分で配合する場合は、
赤玉土(小粒)6・腐葉土4の割合で混ぜ、
緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。

 

草花用培養土

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

植え付けの時期は、
4月中旬~6月です。

ポイントは、根を動かさない事です。

クレオメは移植を嫌う植物の代表です。
植え付けの際は根鉢を崩さず、
根を傷めないように注意します。

日当りと水はけの良い所を好みますが、
半日陰でも良く育ちます。

夏の直射日光にも負けない強さがあるので、
しっかりと日の当たる場所で育てましょう。

 

 

 

 

水やりの仕方について

土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

 

 

 

肥料の与え方について

緩効性化成肥料を与えます。

 

緩効性肥料

 

追肥は、化成肥料を月に1回程度置き肥するか、
液体肥料を2週間に1回施します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

5月に播種をしてふやしますが、
こぼれ種でもふえます。
2~3粒ずつまき、覆土は5㎜程度。
発芽温度は20~25℃です。

 

 

 

 

病害虫対策について

アブラムシに食害されやすいので注意しましょう。

 

アブラムシが発生したら、
ベニカXファインスプレーを散布しましょう。

草花、花木や庭木の幅広い植物に使える殺虫殺菌剤です。
害虫に対しては速効性と持続性があります(アブラムシで約1カ月)。
病原菌の侵入を防いで病気も防除します。

ベニカXファインスプレー

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す