チコリの育て方について

チコリはヨーロッパ原産の香気と苦味を持つサラダ野菜で、
栽培の歴史は古く、古代エジプトにさかのぼります。

葉を食用にし、
肥大した宿根を焙煎して、
珈琲のような飲用方法で飲まれていたようです。

ヨーロッパでは、
日常的に食べられているポピュラーな野菜です。

そこで今回は、
チコリの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

チコリの花言葉について

チコリの花言葉は、
「待ちぼうけ」「節約」です。

チコリのドイツ名「ウェグワート」は、
「道端で待ちわびる人」という意味があるからだそうです。

チコリ

 

 

 

 

チコリの育て方について

土づくりの仕方について

野菜用の培養土を使用します。

花と野菜の土

 

 

自分で配合する場合は、
酸性に弱いという特徴があるので、
堆肥や元肥を入れる2週間前位には、
石灰を入れ耕しましょう。

その後堆肥と元肥を入れ土になじませます。

 

 

 

 

植えつけ方について

日当たり、風通しの良い場所で育てます。

アルカリ性の土を好み深く耕しておきます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

 

 

 

肥料の与え方について

あまり肥料を必要としません。

月に1~2回液体肥料を与えます。

ハイポネックス

 

 

 

 

増やし方について

こぼれ種でも良く増えます。

 

 

 

 

病害虫対策について

害虫としては、アブラムシが発生します。

 

害虫には、オルトランを使用します。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

 

 

また、過剰な湿気は、
軟腐病や根腐病が発生します。

 

発生したらダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す