みょうがの育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

みょうがは、
夏の爽やかな薬味として利用されることの多いですよね。

栄養価自体はさほと高く ありませんが、
α-ピネンやミョウガジアールなどの働きで、
少量でも健康維持に役立ちます。

みょうがの香りは、
眠気覚ましや食欲増進などに働きかけるので、
夏場の夏バテ 防止効果も期待できます。

みょうがは、1度植え付けると、
3~5年は毎年収穫をすることができます。

そこで今回は、
みょうがの育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します 。

 

 

スポンサードリンク




 

みょうがの色々

みょうが

「花みょうが」がともいい、
花が咲く前の蕾(花穂)を食用とします。

紅色〜赤紫色で特有の香りがあり、
シャキシャキとした歯触りが特徴。

6〜8月に収穫されるものは「夏みょうが」、
8〜10月のものは「秋みょうが」とも呼ばれ、
秋みょうがのほうが大きめです。

刻んで薬味や刺身のつまにしたり味噌汁に入れるなど、
料理のアクセントとして活躍します。

代表的な品種は「諏訪3号」や「陣田早生」など。

みょうが

 

 

みょうがたけ

みょうがの若い茎を食用としたものです。
20〜30cmほどの棒状で、
日が当たらないよう軟白栽培し、
成長後に軽く日を当てることで、
白と薄紅色のきれいなグラデーションになります。

香りがよく、
扱い方は普通のみょうがと同様で薬味や味噌汁などに使います。
「みょうが竹」とも表記されます。

3〜7月頃がシーズンです。

みょうがたけ

 

ガーデニング用品なら、
何でも揃う
アイリスプラザ

 

 

 

みょうがの育て方について

みょうがは、
日陰で育てるのがポイントです。

みょうがは湿度の高い環境を好み、
乾燥すると枯れてしまいます。

芽が出はじめるまでは、
株元をワラや腐葉土で覆うと安心です。

また、水やりを欠かさないようにしましょう。

 

 

土づくりについて

 

使用する道具

 

 

水はけがよく、有機質を多く含む土を好みます。

鉢やプランター植えには、
市販の野菜用培養土に、
完熟堆肥を2割ほど混ぜあわせたものがおすすめです。

地植えは、植え付ける1週間前に土を耕し、
完熟堆肥や腐葉土を2~3割混ぜ込んでおきます。

 

pHは5.0〜7.0が目安です。
石灰を入れてpH調整しておきましょう。
土壌酸度計があれば、それぞれの植物に合った土づくりに便利です。

 

 

 

みょうがを植えていきます

 

使用する道具

 

みょうがの種は市販されておらず、
根株と呼ばれる地下に伸びた茎か、
苗から育てていきます。

根株は2~3月、
苗は4~5月が植え付けの適期です。

購入したら、早めに植え付けるようにしてください。

根株を地中5~8cmの深さに埋めるのがポイントです。
鉢・プランター植えの場合は、
何年も繰り返し収穫を楽しむために、
深さが30cm以上ある鉢やプランターを準備します。

 

株同士の間隔は、10~15cm空けて植え付けましょう。
地植えの場合は、
直射日光の当たらない日陰~半日陰の場所を選んで植えていきます。

植える前に土を耕し、
水はけが悪いときは高さ10~20cmの畝(うね)を作っておきます。

株同士の間隔は15~20cm空けるとよいですよ。

みょうがは乾燥に弱く、
水が足りないと弱ってしまいます。
鉢やプランター植えには、毎日水やりをしてください。

地植えは、乾燥したときに水を与え、
土の表面が乾かないようワラや腐葉土で根株を覆っておきます。

 

 

 

みょうがの肥料の与え方について

 

使用する道具

6~10月の間、月に1回ゆっくりと効く緩効性化成肥料を与えるか、
1~2週間に1回液肥を与えると生育がよくなります。

また、3月にも同じ肥料を与えます。

 

プロも愛用の人気植物活力液!
全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」

 

スポンサードリンク




 

みょうがの収穫のやり方について

夏みょうがは7~8月、
秋みょうがは9~10月に収穫の適期を迎えます。

土から生えてきたタケノコのような花穂を、
元からナイフで切り取っていきましょう。

 

栽培しはじめて1~2年目はたくさんの量を収穫できませんが、
3年目以降には株が大きくなり、
たくさん収穫して楽しむことができますよ。

開花前の、固くしまったもの収穫するのがコツです。

 

春に出てくる新芽に光を当てずに栽培すると、
若い芽が緑色のまま育ち「みょうがだけ」になります。

さわやかでぴりっとした味は、
お味噌汁の具材やおつまみにぴったりですよ。

みょうがの栽培に慣れてきたら、
ぜひ栽培して違った食感を味わってみてください。

 

 

 

3~5年に1度、植え替えをします

3~5年たつと、根が混み合って生育が衰えてきます。

鉢植え、地植えともに3~5年に1度、
株分けを兼ねた植え替えをしましょう。

地上部はナイフやハサミで切り落とし、
根を傷つけないよう土から掘り上げ、
株分けしたものをそれぞれ植え付けていきます。

植え替えのときは、
肥料と堆肥をしっかりとやります。

 

 

 

みょうがの病害虫対策について

みょうがの害虫対策について

 

使用する道具

 

ヨトウムシ

殺虫剤「GFオルトラン水和剤」、「ベニカS乳剤」を散布しましょう

 

 

ハダニ

殺虫剤「ダニ太郎」を散布します

 

 

カイガラムシ

12~2月頃、マシン油乳剤(97%剤)、石灰硫黄合剤などを2回ほど散布しましょう。

 

 

アザミウマ

殺虫剤「モスピラン粒剤」、「ベストガード粒剤」を植えつけ時に土に混ぜて苗を植えます。発生したら、「ベニカベジフルスプレー」、「ベニカ水溶剤」、「家庭園芸用スミチオン乳剤 」を散布して退治しましょう。

 

 

みょうがの害虫対策について

 

使用する道具

 

葉枯病

殺菌剤「STダコニール1000」を散布して防除しましょう。

 

 

 

紋枯病

ダコニール1000を使用します。

 

 

根茎腐敗病

発病が見られたら、発病株およびその周辺の数株をできるだけ早く除去し、ほ場外で適切に処分する。

 

 

 

まとめ

みょうがは、根株を買ってきて植えつけたら、
水やりをして日陰で、
多少ほうったらかしにしておいても育ちます。

実は、初心者でも簡単に栽培できる、
手間いらずの大変美味しい植物です。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す