デージーの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

デージーは、晩秋から早春にかけてポット苗が流通します。

春に咲く花の中でも、大人気のデージー。

特に八重咲き種が人気で、
丸くてもふもふとした花姿が愛らしく、
花壇や寄せ植えにぜひ取り入れたいものです。

日本の夏の暑さに弱いため、
秋まき一年草として栽培されています。

そこで今回は、
デージーの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

デージーの花言葉について

デージーの花言葉は、
「平和」「希望」です。

デージー

 

 

 

 

デージーの育て方について

土づくりの仕方について

水はけと通気性がよく、
適度な保水性のある土が適しています。

市販の草花用培養土が適しています。

草花用培養土

 

自分で配合する場合は、
赤玉土小粒5、腐葉土4、牛ふん堆肥1などの割合で配合して使用します。

 

 

 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、9~10月です。

デージーは日当たりを好みます。

あまりに日照不足だと、
花つきが悪くなる場合があります。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

デージーは、水切れに弱いので、
土の表面をよく注意して、適切なタイミングで水やりをしましょう。

 

 

 

 

肥料の与え方について

肥料を好む花です。

苗を植えた時期から花が咲き終わるまでは、
月1〜2回の頻度で液肥を与えるよう。

ハイポネックス

 

 

 

 

増やし方について

デージーは、春の開花時期が終わると、
夏には枯れてしまいます。

ですので、新たに苗や種を購入するということになります。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

アブラムシが発生することがあります。

 

アブラムシが発生したら、
オルトランを使用します。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す