ビスカリアの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ビスカリアは春から初夏にかけて咲く一年草です。

細い茎で弱そうに見えますが、
性質は丈夫な草花です。

サクラの花の形に似た可憐な花をたくさんつけ、
群生して風にそよぐ姿は野草の趣があります。

そこで今回は、
ビスカリアの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

ビスカリアの花言葉について

ビスカリアの花言葉は、
「望みを達成する情熱」です。

受験や就職など目標に向かって頑張っている方におすすめです。

ビスカリア

 

 

 

ビスカリアの育て方について

土づくりの仕方について

ビスカリアは、乾燥気味の環境を好みます。

市販の草花培養土を使用します。

草花用培養土

 

 

 

 

植えつけ方について

日当りと水はけの良い場所を好みます。

植えつけの時期は、10~11月です。
寒さには強いですが、
早めに定植して大きな株に育てておいてから、
越冬させた方が生育が良いようです。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

 

 

肥料の与え方について

ビスカリアは、肥料をあまり必要としません。
逆に肥料を与えすぎると、
過ぎると茎がひょろよろになり倒れやすくなります。

秋と春に液肥をときどき与える程度で充分です。

ハイポネックス

 

 

 

増やし方について

種まきで増やすことが出来ます。
種播きは9月に行います。
こぼれ種でもふえます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

春先から新芽やつぼみにアブラムシがつきます。

 

アブラムシが発生したら、
オルトランを使用します。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す