おからは、料理だけではなかった!! アトピーや肌が弱い方には、サポニン石鹸がお勧めです

現在のような高い洗浄力がある石鹸が、
数多く発明されるまでは、
おからは、洗剤として使われていました。

しかし、最近になって
おからのような自然な洗剤に注目されてきています。

そこで、今回は
おからの洗剤効果について紹介します。

スポンサードリンク




おからの洗剤効果について

ツヤがなくなってしまったガラスは、
おからをガーゼに包んで、よくこすると綺麗になる。
と言われています。

 

おからに含まれるサポニンが、洗剤効果を発揮します

サポニンは、水溶液にして攪拌(かくはん)すると、
石鹸のような安定した泡を作ることに由来して命名された物質です。

これには、おからに含まれるサポニンの働きによるものです。
サポニンは、さまざまな植物に含まれている成分です。
身近な所では、ブドウや大豆などに豊富に含まれています。

このサポニンは、鏡面活性剤としての作用がある事が知られています。

鏡面活性剤というのは、分子に油となじみやすい部分と、
水となじみやすい部分を持つため、
油と水を乳化させる働きがあります。

その代表的なものは、石鹸です。

つまり、おからは石鹸と同じような働きをします。
表面に汚れとなって付着している油を、
乳化して水で落としやすくするため、
グラスはきれいになるのです。

 

 肌が弱い人には、サポニン石鹸がおすすめです

お風呂に入った時に、
体を洗いますよね。
大前提は、皮膚に付いたその日の汚れを落とすことですが、
最近の石鹸やボディーソープは、洗浄力が強すぎて
汚れはおろか、皮膚に必要な皮脂まで落としてしまい、
皮膚のバリア効果を低下させてしまう原因になります。

肌が弱い人には、
普通の石鹸やボディーソープはお勧めできません。

 

 

売れ筋ボディーソープ人気ランキング

 

 

石鹸としてのサポニンの効果

サポニンは、構造的に水にも脂肪にも溶け、
水に入れて混ぜると石鹸のように泡立つので、
昔から洗剤の代わりとしても使われてきました。

現在では、高い洗浄力を発揮する合成の洗剤が数多く開発され、
洗剤としてのサポニンは、時代の流れと共に消えつつありました。

 

スポンサードリンク




サポニンを配合した石鹸に注目が集まっています

そんな中、昨今のオーガニックブームから、
合成界面活性剤を使っていない、
天然洗浄成分であるサポニンを配合した石鹸に注目が集まったのです。

この石鹸にするためのサポニンは、大豆などの食品ではなく、
ソープナッツというサポニンが豊富な木の実や、
椿油などから作られているものが多いようです。

身体を洗う洗浄剤としてのサポニンは、
天然の界面活性剤であり、
お肌の潤いを取り過ぎず強すぎない適度な洗浄力で、
天然志向の敏感肌や乾燥肌の人はもちろん、
アトピー肌の人にまで大変人気があります。

 

サポニン石鹸は、アトピー肌に効果的です

ただの純石鹸ではなく、
サポニン配合の石鹸が特にアトピー肌に良い理由として挙げられるのが、
サポニンは抗炎症作用が強いということです。

つまり、弱ったお肌にダメージを与えないようにしつつ、
今起こっている炎症を鎮めてくれるのです。

これなら、毎日身体の必要な皮脂まで落としすぎず、
使い続けているうちに皮膚のバリア機能も高まりますし、
無添加のものなら安心して使えますね。

サポニン石鹸

 

 

まとめ

むかしは、おからを石鹸として使用していました。

しかし、現在のような高い洗浄力がある石鹸が、
数多く発明され、おから石鹸は忘れ去られていましたが、
昨今のオーガニックブームから、
合成界面活性剤を使っていない、
天然洗浄成分であるサポニンを配合した石鹸に注目が集まったのです。

肌が弱い方やアトピー肌の方は、
大変お勧めですので、一度試してみて下さい。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す