オカヒジキの育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

オカビジキは、
「陸の海藻」といわれるほどミネラルをたっぷり含んでいます。

1~2分ゆでてから、サラダやお浸し、
酢の物や和え物などに利用します。

シャキシャキとした歯ごたえで、
野菜特有の青臭さが少なく栽培期間が短く、
手軽に楽しめるので、ぜひこの期間に家庭の仲間に加えてみませんか?

そこで今回は、
オカヒジキの育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

 

スポンサードリンク




 

オカヒジキについて

オカヒジキはアカザ科オカヒジキ属の一年草で、
日本全国の日当たりの良い海岸の砂浜や砂礫地、
塩生地等に自生しています。

葉の様子が海藻のヒジキに似ている事から、
おかに生えるヒジキと言う意味で、
「おかひじき」と名付けられました。

また、別名で「ミルナ(水松菜)」とも呼ばれています。

これも見た目がよく似ている、
海藻のミル(海松)が由来のようです。

近年では天然の物は秋田や鳥取など各地でその数が減り、
絶滅が危惧されている状況にあります。

オカヒジキは栽培もされており、
流通している物のほとんどはこうした栽培物です。

また、イタリアの高級食材で知られるアグレッティとよく似ていて、
同じアカザ科の植物ですが別属にあたるようです。

オカヒジキ

 

ガーデニング用品なら、
何でも揃う
アイリスプラザ

 

 

オカヒジキの育て方について

オカヒジキは株間10cmで育てられますが、
茎葉が横に伸びる性質があり、
放置すると株が込み合う原因となります。

コンパクトな草姿のまま育てるなら、
早めの収穫を心がけましょう。

タネまきの時期が遅れると花がつきやすくなるため、
適期のタネまきを心がけます。

酸性土壌では生育が悪くなるので、
栽培前に苦土石灰を散布して調整しておきましょう。

 

 

 

オカヒジキの種まきの仕方について

 

使用する道具

 

発芽適温は20~25度なので、3月中旬~5月がオカヒジキの種まきの適期です。

花がつくとかたくなってしまいますが、
タネまきが遅くなると
花がつきやすくなるので、この期間内にまきましょう。

一晩水に浸けた種を、鉢やプランター、地面にまいていきます。

 

深さ1cmほどのまき溝を15~20cm間隔で作り、
種はすじまきにしていきます。

その後、株同士の間隔が7~10cmほどになるよう、
本葉が2~3枚生えたタイミングで間引きます。

 

発芽したばかりのオカヒジキの苗は、
以下のような形をしています。

 

 

 

 

土づくりについて

 

使用する道具

 

オカヒジキは酸性の土壌を嫌うので、
種まきの前に土の酸性度合いを調節しておきます。

鉢やプランターのときは、
市販の野菜用培養土を使うと簡単です。

赤玉土(小粒)7:腐葉土3の割合で作る土なら、
苦土石灰を大さじ1杯ほど加えて混ぜあわせます。

地植えは、植え付ける2週間前にコップ1.5杯(150~200g)の苦土石灰を、
1週間前に堆肥1袋(2kg)と化成肥料コップ1杯(100g)を、
畑1㎡あたり施しておきます。

 

そして、植え付ける前に幅60cm、
高さ10~15cmの畝を作って苗を植え付けていきます。

 

適正な土壌pHは6.0~8.0です。
石灰を入れてpH調整しておきましょう。
土壌酸度計があれば、
それぞれの植物に合った土づくりに便利です。

 

 

 

スポンサードリンク




 

オカヒジキの肥料の与え方について

 

使用する道具

 

 

本葉が3~4枚になったときに化成肥料を1回施します。
液体肥料なら5~6月の間、
10~15日に1回くらい与えるとよいですよ。

このとき肥料が足りないと、茎葉が固くなりやすいです。

 

プロも愛用の人気植物活力液!
全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」

 

 

大きく育ったら、収穫します

草丈15cm程度になったら収穫できます。
タネまき後30~40日程度が目安です。

株ごと抜き取っても良いですが、
先端の10cmを摘み取り収穫し、
その後追肥を施すと、
わき芽が伸びてきて長期間収穫できます。

追肥は、1㎡あたり化成肥料30g施します。

収穫が遅れるとかたくなるので注意します。
また、花がついてもかたくなります。

 

 

 

オカヒジキの害虫対策について

 

オカヒジキには病気はほとんど心配いりませんが、
害虫は、アブラムシがつくことがあります。

 

使用する道具

 

 

アブラムシ

殺虫剤「ベニカR乳剤」や殺虫殺菌剤「ベニカグリーンVスプレー」を散布しましょう。
植えつけ時に殺虫剤「GFオルトラン粒剤」を植え穴に、さらに生育時には株元へ散布しておくと、アブラムシの発生を抑える効果が持続します。

 

 

 

まとめ

オカヒジキは、
ほとんど害虫が付かないので、
家庭菜園で育てやすい野菜です。

花が咲くと固くなってしまうので、
若葉のうちに収穫するのがポイントです。

株ごと抜き取ってもいいですが、
株元を数cm残して摘み取れば、
そこからわき芽が出てきて再び収穫できるようになります。

収穫したら、液体肥料や化成肥料を施すと、
株が消耗せずにすみますよ。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す