絹さや(さやえんどう)の育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します。

絹さや(さやえんどう)は、
てんぷらやお弁当などの色どりにお勧めの野菜です。

絹さやは、たくさんの肥料を施さなくてよいことから、
家庭菜園で栽培する野菜としても人気です。

暖地では、春まきと秋まき、
寒冷地では、春まきと夏まきが適します。

生育旺盛で、莢が双なりにつき、たくさん収穫できます。

そこで今回は、
絹さやの育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

絹さやの品種について

つるあり品種

草丈が120センチ以上と高く、
2メートルほどの高い支柱を立てる必要がります。

つるが長い分、収穫までの期間は長くかかりますが、
収穫量は多い特徴があります。

つるあり絹さや

 

 

つるなし品種

草丈60~70センチとコンパクトに育ちます。

短いとはいえ、蔓は伸びるので75~90センチの支柱は必要です。
つるが短い分、収穫までの期間は短く早く収穫できますが、
収穫量はやや少ない特徴があります。

つるなし絹さや

 

 

ガーデニング用品なら、
何でも揃う
アイリスプラザ

 

 

絹さやの育て方について

絹さやは、過去にマメ科の植物を育てた土には植えず、
種まきや苗植えの時期を守ることが、
おいしい絹さやを育てるコツです。

マメ科を以前に育てた土で育ててしまうと、
連作障害を起こして病気にかかってしまいます。

また、早くに種まきや苗植えをしてしまうと、
寒さで株が傷みやすいです。

 

 

 

絹さやの種を蒔きます

 

使用する道具

 

絹さやは、
種から育てた苗をプランターや畑に植えていきます。

種まきには、関東より南の地域であれば10~11月、
関東より北の地域では3~4月が向いています。

地植えには大きく育つ「つるあり」の品種、
プランター植えなら小さい「つるなし」の品種を選ぶのがおすすめです。
ポリポット9cmに、種まき専用の用土を入れ、
育苗ポットに種まき用の培養土を入れる
4ヶ所深さ1cmほどの穴を空ける、種を植えます。

種に土を被せ、上から手で軽く押し固め、
たっぷりと水やりをしましょう。
そして、土が乾かないよう水やりをして日陰で管理します。
1週間ほどで発芽し、
草丈が10cmほどになったらプランターや地面に植え替えましょう。

 

発芽したばかりの絹さやの苗は、
以下のような形をしています。

 

 

土づくりについて

 

使用する道具

 

連作障害に弱い代表的作物なので、
少なくても3~4年はエンドウを栽培したことのない畑を選びます。

タネまきの2週間ほど前に、
1㎡当たり苦土石灰120g程度、
1週間ほど前に完熟堆肥2~3kg、
有機配合肥料70~100gを施します。

うね幅90cm、株間20~30cmを目安として畑をつくります。

 

そして、黒マルチを張ります。
黒マルチは地温を上げる効果に期待できます。

 

pHは6.5〜7.0が目安です。
石灰を入れてpH調整しておきましょう。
土壌酸度計があれば、それぞれの植物に合った土づくりに便利です。

 

 

スポンサードリンク




 

絹さやの苗を植えていきます

鉢やプランターに植える場合は、
サヤエンドウの苗は、10号鉢で1株、
幅60cmのプランターで2株が植える数の目安です。

土を8割ほど入れた容器に、
苗がすっぽり入るくらいの穴をスコップで掘り、
苗を植えていきます。

株元に土を山型に寄せておくと、苗が倒れにくくなります。
地植えの場合は、
まず、土作りをすませた土で幅90~100cm、
高さ10cmほどの畝を作ります。

そして、株同士の間隔が30cmほど空くよう、
穴を掘って苗を植えていきます。

 

 

 

支柱を立てます

 

使用する道具

 

冬の間に地下では根が大きく育ち、
翌年の春先になると一気に成長して次々と花をつけます。

蔓が伸び始める前に、支柱を立ててネットを張り、
蔓をネットに誘引(巻きひげをネットに絡ませる)します。

 

 

 

絹さやの肥料の与え方について

 

使用する道具

 

 

苗植えのときに土へ肥料を混ぜた後は、
2~3月にゆっくりと効く、
緩効性化成肥料を株と株の間にばらまいて、
土と混ぜあわせます。

 

そして、その土を株元に寄せておきます。
マメ科の植物は根に根粒菌を持っていて、
空気中の窒素を取り込むことができるので、
窒素分の多い肥料は控えてください。

 

 

プロも愛用の人気植物活力液!
全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」

 

 

適度に育ったら収穫します

絹さやは、開花してから25日くらいが目安で、
莢の柔らかいうちに収穫します。

収穫が遅れると、
豆が育ってしまって、
固くなってしまいます。

 

 

絹さやの害虫対策について

 

使用する道具

 

 

アブラムシ

殺虫剤「ベニカR乳剤」や殺虫殺菌剤「ベニカグリーンVスプレー」を散布しましょう。
植えつけ時に殺虫剤「GFオルトラン粒剤」を植え穴に、さらに生育時には株元へ散布しておくと、アブラムシの発生を抑える効果が持続します。

 

 

ハダニ類

殺虫剤「ダニ太郎」を散布します

 

 

 

まとめ

絹さやは、
油断していると、すぐに育ちすぎになってしまいます。

育ちすぎると、豆が固くなってしまい、
グリンピースの様になってしまいます。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す