バジルの育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

バジルは、
たくさんあるハーブの中で、
庭やベランダで育てておくと便利です。

栽培も比較的容易で、
かつ長い期間少しずつ収穫できます。

そこで今回は、
バジルの育て方について、
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

バジルの花言葉について

バジルの花言葉は、
「神聖」「好意」「好感」「何という幸運」です。

 

バジルはイタリアではプロポーズのシンボルとされ、
バジルを身に付けて異性の前に立つことは、
『あなたを愛しています』と同意なんだそうです。

バジル

 

 

 

バジルの育て方について

土づくりの仕方について

バジルは、保水力の高い有機質に富んだ土を好みます。
肥えた土なら何もしなくてもすぐに植え付け可能です。

 

市販の用土を使用する場合は、
ハーブの土が適しています。

ハーブの土

 

 

 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、4~6月です。

バジルは寒さに弱いので、
寒の戻りで寒さにあたってしまうと、
葉っぱが黒くなってしまって、最悪の場合枯れてしまいます。

気温が低い場合は、
屋内に入れて寒さを防ぎます。

 

また、日当りと風通しの良いところで育てましょう。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

バジルは、水がれに弱いので、
水やりに注意します。

 

基本は、土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。
ただし、暑い日中は水やりを控えます。
朝か夕方に水を与えます。

 

 

 

 

肥料の与え方について

生長期の5月~9月に肥料を与えます。

野菜用液体肥料を1週間に1回、
水やりのタイミングで与えます。

住友液肥1号

 

化成肥料の場合は、
2週間に1回10gを目安に追肥します。

 

 

 

収穫の仕方について

茎の高さが20~30cmほどまで育ったら、
収穫できます。

上部のやわらかい葉から順に必要な分だけ、
園芸用ハサミで切って使いましょう。

このときに、中心の茎の先端をハサミで切り取ることも忘れずに。

これを「摘芯」といい、
茎と茎の間から生える小さな芽にも養分がいきわたるようになり、
収穫量を増やすことができます。

 

花が咲いてしまったら、
出来る限り摘み取っておきましょう。
そうしないと、種が出来て枯れてしまいます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

挿し芽で増やすことが出来ます。

間引きや摘芯した茎は、
新しい苗として再利用することもできます。

新鮮な水に1週間~10日ほどつけると根が出てくるので、
それを別のプランターに植えれば、
また同じように育てることができます。

 

 

 

病害虫対策について

ヨトウムシや、メイガ、バッタ、
アブラムシ、ハダニ、スリップスなどが発生します。

 

害虫には、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す