銀杏(イチョウ)の育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

銀杏(イチョウ)の木は、
独特の葉の形を見ただけで、
誰もが分かりますよね。

秋になって黄色くなった葉は、
もみじの紅葉に負けず劣らず目を引くものです。
また、実も銀杏(ギンナン)として食用にされ、
味覚の面でも秋に欠かせないものとなっています。

そこで今回は、
銀杏(イチョウ)の育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

銀杏(イチョウ)の品種について

金兵衛(きんべえ)

早生の銀杏です。
殻のキメが粗く、長円型(殻の先が尖っている)で黄味を帯びています。
早出し銀杏として8月頃より出荷されます。

金兵衛

 

 

ガーデニング用品なら、
何でも揃う
アイリスプラザ

 

 

久寿(久治)(きゅうじゅ)

中生の銀杏です。
殻のキメは細かく白く、円形をしています。
又、苦みが少なくモッチリとして食味は最高だが、
貯蔵性に欠けます。

久寿(久治)(きゅうじゅ)

 

 

籐九郎(とうくろう)

晩生の銀杏です。

一番の大型で豊円形をしているのが特徴です。
殻のキメが細かく白く、殻が薄く割りやすいdす。
品質、食味ともに良好で貯蔵性に優れています。

 

 

 

栄神(えいしん)

中生の銀杏です。

他品種に比べて落葉期が遅く、
外観は、籐九郎と金兵衛の中間です。
籐九郎より小型で金兵衛より殻のキメが細かく、
殻が薄く割りやすいです。
外観、食味ともに良好です。

 

 

 

銀杏(イチョウ)の育て方ンついて

銀杏は、中国原産の樹木で、
生長すると30mもの高木になります。

晩秋に葉っぱが黄色く色づき、
冬は落葉します。

雄木と雌木があり、
それぞれ雄花もしくは雌花のみを咲かせます。

受粉には雄木が必要だが、
イチョウの花粉は遠方まで飛散するので、
近所にイチョウの街路樹(雄木)があれば、
雄木を植えなくても結実すします。

 

 

 

スポンサードリンク




 

土づくりについて

使用する道具

 

 

銀杏は、水はけのよい土であればどんな土でも育ちます。

鉢植えなら赤玉土(小粒)7:腐葉土3に混ぜあわせた土か、
果樹や野菜用の培養土を使います。

地植えは、
植え付ける1週間ほど前に苗よりも、
一回り大きな植え穴を掘り起こして土を耕し、
腐葉土を混ぜて寝かせておきます。

 

 

 

銀杏(イチョウ)苗を植え付けます

使用する道具

 

苗の植え付け適期は3~4月です。
土をやや山高に盛ってその真ん中に植え付けます。
幹をまっすぐに仕立てるために、
植え付け後はしっかりと支柱を立てます。

 

また、移植に非常に強く小さいものから、
大きくなったものまで可能です。

生け垣をつくる場合は、30cmくらいに育った苗木を使い、
将来枝が張ることを考えて40cm以上の間隔をあけて植え付けていきます。

目的の高さになったら樹芯をとめて(幹のてっぺんを切り落として)、
それ以上高くならないようにして、
枝を張らせて生け垣に仕立てていきます。

 

 

 

銀杏(イチョウ)の肥料の与え方について

根が旺盛に張る樹なので、
それほど肥料は必要としないようです。
ただ、栄養分として窒素が多いと、
秋に葉がきれいに黄葉してくれないことがありますので、
リンとカリの成分が多い肥料を使いましょう。

 

 

プロも愛用の人気植物活力液!
全ての植物にオススメ。
植物を超元気にする天然植物活力液「HB-101」

 

 

銀杏(イチョウ)の水やりについて

土の表面が乾いたらたっぷり水を与えます。
露地植えは一度根づいてしまうと、
特に水やりの必要はありません。

 

 

 

銀杏(イチョウ)剪定方法について

銀杏(イチョウ)は、
放っておいても自然と樹形がきれいにまとまります。

ただ、どんどん大きく育ってしまうので、
毎年2~4月の新芽が芽吹く前に剪定をします。
大胆に剪定しても、
翌年にはたくさんの枝を芽吹かせるので安心してください。

方法としては、
伸ばしたい大きさよりも上の高さにある幹を切り取ります。
幹から出ている太い枝を根元から切り取り、適度に間引きます。
根から出ている細い枝や、混み合っている枝、
内向きに生えている枝を切り取ります。

 

 

 

銀杏(イチョウ)の収穫について

果実は成熟すると自然に落下するので、
落ちたものを収穫します。

熟期になったら、枝を揺すって落としても構わないです。

収穫した果実は、数日、水につけて、
果肉を腐らせてから洗浄し、乾燥させます。
果肉は皮膚につくと、かぶれる場合があるので、
ビニール手袋をつけて手を保護するとよいですよ。

 

 

 

 

銀杏(イチョウ)の病害虫対策について

特にかかりやすい病気や害虫はありません。
ただ、実を収穫するときに直接触れると、
かぶれてしまう場合があります。
ゴム手袋を着用しておきましょう。

 

 

 

まとめ

銀杏の木は、秋になると紅葉し、
実を食べて楽しむことができます。

丈夫で育てやすいことから、
何本か植えて生垣にするのがおすすめです。

ちなみに、路上に植えられている銀杏の木は、
ほとんどが雄木になります。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す