サルビアの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

サルビアは、夏花壇の代表的な花で、
燃え立つような濃い鮮やかな赤色の花が群れ咲く様子は、
サルビアならではのものです。

暑さに大変強く、日本の猛暑の中にあっても元気に咲いてくれるので、
夏の花壇や寄せ植えで大活躍します。

印象が強く、花期が長く育てやすい花です。

そこで今回は、
サルビアの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

サルビアの花言葉について

サルビアの花言は、
「燃える思い」です。

非常に強い、情熱的な花言葉の意味を持っています。
花姿とピッタリですね。

サルビア

 

 

 

 

サルビアの育て方について

土づくりの仕方について

土質はあまり選びませんが、
腐植質に富む肥沃な弱酸性土が理想的で、
リン酸分の多いほうが花つきが良くなります。

市販の草花用培養土が利用できます。

草花培養土

 

自分で配合する場合は、
赤玉土6、腐葉土4の配合土や、などを利用します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

5~7月に植えつけます。

日当り、水はけの良い場所を好みます。

移植に強く簡単に根付きますが、排ガスには弱いです。

 

 

 

 

水やりの仕方について

表面の土が乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

乾燥しすぎると、
花やつぼみが落ちてしまうので注意しましょう。

 

 

 

 

肥料の与え方について

花が終わった後花梗を摘み、
リン酸を含んだ肥料をやるとさらに咲きます。

目安としては、
一ヶ月おきに緩効性肥料を。置き肥します。

マグアンプ

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

種まきと挿し芽で増やします。

種まきの時期は、5~6月です。
好光性のタネなので、覆土はごく薄くし、
深く埋めないようにします。
発芽まで7~8日かかりますから、
乾かさないよう注意し、
発芽してからは日によく当てて徒長させないようにします。

 

挿し芽で増やす場合は、
摘心したり、切り戻したときの芽をさすと容易に苗ができます。

挿し芽に発根促進剤メネデールを使用することによって、
失敗を防ぐことが出来ます。
薄めたメネデール液に2~3時間浸してから、
鹿沼土に挿します。

 

メネデール

 

 

 

 

病害虫対策について

アブラムシ、ヨトウムシ、ハダニが発生します。

 

害虫が発生したら、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す