ジニア プロフュージョンの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ジニア プロフュージョンは、
発色が良く、株がこんもりと育つジニアです。

長雨からの急激な気温上昇など、
植物にとって厳しい環境が続く昨今の夏ですが、
プロフュージョンは暑さが厳しいなかでも次々に花が咲き誇り、
お庭や花壇、コンテナを綺麗に彩ってくれます。

そこで今回は、
ジニア プロフュージョンの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

ジニア プロフュージョンの花言葉について

ジニア プロフュージョンの花言葉は、
「友への思い」です。

ジニア プロフュージョン

 

 

 

 

ジニア プロフュージョンの育て方について

土づくりの仕方について

市販の草花用培養土を使うか、
自分で配合する場合は、
赤玉土(小粒)7・腐葉土3などの配合土に緩効性化成肥料を混ぜ込んで使用します。

草花用培養土

 

庭の土を使用する場合は、
用土に腐葉土を混ぜ込んで水はけを良くしておきます。
さらに元肥として、完熟堆肥を混ぜ込んでおきます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、
5~6月です。
60㎝プランターに3株が目安です。

地植えの場合は、株間は25~30㎝程度です。

 

日照時間が足りないと花付きが悪くなるので、
よく日の当たる場所で育てます。

 

 

 

 

水やりの仕方について

ジニア プロフュージョンは、
乾燥に強いです。

土の表面が乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

 

 

 

 

肥料の与え方について

10日に1度、
1000倍に薄めた液体肥料を与えます。

ハイポネックス

 

 

 

 

増やし方について

種撒きで増やします。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

アブラムシとヨトウムシが発生します。

 

害虫が発生したら、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す