ストケシアの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ストケシアの別名は、ルリギクです。

花が美しく、鮮やかな紫や青紫の花が群開します。
最近は改良されて、ピンクやクリーム色なども出回るようになりました。

暑さ、寒さに強く、病害虫の発生もほとんどなく、
育てやすいところも魅力です。

そこで今回は、
ストケシアの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

ストケシアの花言葉について

ストケシアは、キク科の多年草です。

花言葉は、
「清楚な娘」「清らかな乙女」「追憶」「たくましさ」「追想」です。

ストケシアの花びらはとても細く、
無数の花びらが集まって作られるひとつの花は、
見ようによっては儚げなほど上品です。

ストケシア

 

 

 

 

ストケシアの育て方について

土づくりの仕方について

水はけが良く、腐植質に富んだ土が適しています。

市販の草花培養土を使用します。

草花用培養土

 

 

自分で配合する場合は、
赤玉土7 腐葉土3の割合で混ぜた土を利用します。

 

 

 

 

植えつけ方について

植え付け適期は3~4月、9~10月です。
株間は30~40cm間隔で植え付けます

ストケシアは、日光を好みます。
日当たりのよい場所で育てます。
最低でも、半日以上日の当たる場所で育てましょう。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

ストケシアは、過湿に弱くて、
水はけの良い土を好みますので、
鉢で育てる場合は、土の表面がしっかりと乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

 

地植えの場合は、
特に水やりは必要ありませんが、
乾燥した日が続くようであれば、水を与えます。

 

 

 

 

肥料の与え方について

鉢やプランターで育てている場合は、
植えつけ時に緩効性の化成肥料を与えます。

マグアンプ

 

暖かくなったら液肥を月2回ほど与えます。

ハイポネックス

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

株分け、根伏せ、種まきで増やすことが出来ます。

株分けで増やす方法がお勧めです。

株分けは、3~4月か9~10月に行いますが、
できるだけ長い根を付けて掘り上げることが大切です。
3~4年ぐらい経ったら株分けして植え替えます。

鉢やプランターに植えた場合も、
2年に1回は株分けして植え替えます。

 

 

 

 

 

病害虫対策について

特に発生しません。

 

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す