シャスターデージーの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

シャスターデージーは、
フランスギクに日本のハマギクと交配された園芸品種です。

花形は一重、八重、丁子咲きなどさまざまで、
耐寒性に富み、常緑なので、冬の花壇にもお勧めです。

そこで今回は、
シャスターデージーの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

シャスターデージーの花言葉について

シャスターデージーの花言葉は、
「忍耐」です。

常緑で耐寒性もあり、
とても丈夫であることに由来するといわれます。

シャスターデージー

 

 

 

 

シャスターデージーの育て方について

土づくりの仕方について

市販の草花用培養土を使用します。

自分で配合する場合は、
赤玉土(小粒)6・腐葉土4などの配合土に、
緩効性化成肥料を混ぜ込ん使用します。

 

庭の土を使用する場合は、
腐葉土を入れて水はけの良い状態にして使用します。

 

 

 

 

植えつけ方について

日当たりが良く、水はけの良い場所が適していますが、
真夏の直射日光は苦手です。
真夏は、半日蔭で育て、
西日に当たらないように注意します。

 

植えつけの時期は、
3月~4月、9月中旬~10月上旬です。

株間は30cmほどで植えます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

地植えの場合は、
特に水やりの必要はありません。
自然の雨のみで大丈夫です。

 

 

 

 

肥料の与え方について

植えつけの時に、
緩効性肥料を土に混ぜ込んでおきます。

また、春と秋に緩効性肥料を追肥します。

マグアンプ

 

 

 

 

増やし方について

株分けと挿し芽・種まきで増やすことが出来ます。

 

株分けの仕方は、
植え替えの時に行います。
3月~4月、9月中旬~10月上旬です。
掘り上げた株を、1株に2~3芽が付くように分けて植え付けます。

 

挿し芽の仕方は、
5月~7月上旬頃に、茎を10㎝程度の長さに切り取って挿し穂にします。
下の葉を取り除き水揚げをして、挿し木用土に挿して下さい。
その後は、明るい日陰で管理します。

挿し芽に発根促進剤メネデールを使用することによって、
失敗を防ぐことが出来ます。
薄めたメネデール液に2~3時間浸してから、挿します。

 

メネデール

 

種まきの適期は、
4月中旬~5月、9月中旬~10月です。
覆土は薄くです(2mmほど)

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

アブラムシが発生することがあります。

 

害虫が発生したら、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す