アップルミントの育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

アップルミントは、その名の通りで、
ミントに青リンゴをブレンドしたような、
独特の香りが楽しめるハーブです。

ハーブの中でも、丈夫な性質で寒さにも強く、
育てやすい品種です。

ペパーミントやスペアミントよりもまろやかなので、
お菓子やハーブティーだけでなく、
サラダやソースなどが幅広い料理に使うことができます。

そこで今回は、
アップルミントの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

アップルミントの花言葉について

アップルミントの花言葉は、
「美徳」「効能」です。

葉っぱの薬効から、この花言葉がつけれれした。

アップルミント

 

 

 

 

アップルミントの育て方について

土づくりの仕方について

市販の草花用の土を使用するか、
ハーブの土を使用します。

ハーブの土

 

 

 

 

植えつけ方について

アップルミントは、
土が凍るほど寒い土地でなければ、
ベランダ・庭・室内のどこでも栽培できます。

春と秋が植え付けの適期です。
夏や冬など、気温が極端に高すぎたり低すぎたりする時期には
行わないようにしてください。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

地植えの場合は、特に水やりの必要はありません。
自然の雨だけで大丈夫です。

 

 

 

 

肥料の与え方について

肥料は、ほとんど必要ありません。

肥料を与えると、
香りが鈍くなる原因となります。

 

 

 

利用の仕方について

収穫は通年できますが、
最も香り強くなる6月から8月頃がおすすめです。

お湯に浮かべてハーブティーにしたり、
アイスのトッピングに加えたりして、
その甘い香りを楽しんでみてください。

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

種まきと挿し木で増やすことができます。

種で増やすと香りが弱くなってしまうので、
挿し木で増やしましょう。

10cm程度枝を切り取り、
下葉をとって水につけておくと、
数日~数週間後に発根します。

根がある程度伸びたら、土に植え付けてください。

 

挿し木に発根促進剤メネデールを使用することによって、
失敗を防ぐことが出来ます。
薄めたメネデール液に2~3時間浸してから、
土に植え付けてください。

 

メネデール

 

 

 

病害虫対策について

害虫はほとんど発生しません。

虫が忌避する成分「メントール」を含有しているためです。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す