コルジリネの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

コルジリネは日当たりの良い場所に置くと、
元気に生長する観葉植物です。

赤色や黄色などの新葉のカラフルな葉色が魅力です。
成長は1年に20cm程と遅く、
成長後の高さは1~2mになります。

ミニ観葉から大鉢仕立てで楽しめます。

そこで今回は、
コルジリネの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

コルジリネの花言葉について

コルジリネの花言葉は、
「幸福な交際」です。

素敵な花言葉で、
一緒に贈り物にするのもおすすめです。

コルジリネ

 

 

 

 

コルジリネの育て方について

土づくりの仕方について

市販の観葉植物の培養土を使用します。

観葉植物の土

 

自分で配合する場合は、
赤玉土と腐葉土を6対4で配合した用土を使用します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

コルディリネの植え付けに適した時期は、
4~6月もしくは9~10月ごろです。

根っこがしっかり根付くまで、
直射日光の当たらない風通しのよい場所で管理しながら、
水やりを続けましょう。

根付いたら、日あたりのよい場所で管理します。
ただし、夏は直射日光を避けます。

 

 

 

 

水やりの仕方について

土の表面が乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

また霧吹きで、
葉水(葉っぱにシュッとスプレー)しましょう。

 

また、冬は乾燥気味に育てます。
ただし、葉水は通期で与えます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

コルジリネの成長期は、4~10月です。
この時期は肥料を必要とします。

2か月に1度のペースで、
緩効性化成肥料を置き肥を施します。

緩効性肥料

 

 

 

 

増やし方について

コルジリネは、「挿し木」と「取り木」で増やせます。
比較的にやりやすいのは「挿し木」です。

挿し木は5月〜8月が適期です。
新しい葉の先の部分を7〜10枚ほどついた状態で剪定します。

 

水あげしてから鹿沼土に挿し木しましょう。

鹿沼土

 

 

また、挿し木に発根促進剤メネデールを使用することによって、
失敗を防ぐことが出来ます。
薄めたメネデール液に2~3時間浸してから、
鹿沼土に挿します。

 

メネデール

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

病気にはかかりにくいですが、
ハダニやカイガラムシがつくことがあります。

葉水することにより、ハダニを防ぐことが出来ます。

 

カイガラムシは、見つけ次第こすり取りましょう。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す