コウモリランの育て方について 肥料の与え方・増やし方・きれいに咲かせ方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

コウモリランは別名をビカクシダと言い、
シダの仲間です。

ただ、シダの仲間と言っても、
土に生える植物ではなくて、
他の木や岩石などにくっついて生活する着生植物です。

コウモリランが自生する地域は、
雨季は雨が多く、気温が下がり、
乾季は雨が何日も降らず、気温がかなり上昇する気候です。

このような環境に適応する為に、
胞子葉、貯水葉という特殊な葉が発達しました。

そこで今回は、
コウモリランの育て方について
肥料の与え方・増やし方・きれいに咲かせ方・
病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

コウモリランの育て方について

コウモリランの土づくりについて

コウモリランは着生植物で、
土ではなくミズゴケかバークチップ、へご板に植えて育てていきます。

鉢は、ミズゴケなら乾燥しやすい素焼き鉢を使用します。
バークチップなら、プラ鉢を使用します。

コウモリラン

 

 

 

コウモリランの植替えの仕方について

コウモリランの植え替え時期は、5~6月頃です。

しかし、よほど大きくならない限り、
植え替える必要はありません。

鉢の場合、鉢に鉢のカケラを三分の二入れ、
その上に水ゴケを入れて下さい。

苗を水ゴケの上に置き、紐で縛って下さい。
しばらくすると、外套葉が鉢を覆うように育っていきます。

 

ヘゴ板の場合は、
根の部分を水ゴケで覆い麻なわなどで縛りつけます。

半年くらいしたら、根がヘゴ板にひっついてきますので、
麻なわなどをほどいて下さい。

 

日照不足になりますと、葉っぱが黄色くなってきます。

明るい場所を好みますが、
夏場などは、半日陰な場所に置いて管理してください。

大きめの吊り鉢に植え替えたりし、
上からぶらさげて飾ったりして、
インテリアとして楽しまれてくださいね。

 

 

 

コウモリランの肥料の与え方について

たまに薄い液肥を与える程度で、
多肥にすると枯れる危険が大きくなります。

私は庭木にくっつけていますが、
もう何十年来肥料なんてやったことがありません。

 

ハイポネックス

 

 

 

コウモリランの水やりの仕方について

基本的に高温多湿を好みますので、
葉水と一緒に水やりをしてあげると良いです。

まずは、水苔や土が乾いていたら水をしっかりとやります。
そして、乾くまでは水をやらないようにします。

コウモリランは多湿を好むのですが、
水苔や土が常時湿っていると腐って枯れてしまいますので、
あくまで、乾いてから水をやるようにしてください。

裸葉(貯水葉)という株の下の茶色い部分、
もしくは株を包み込むような葉っぱに貯水する部分があるので、
ここを中心に水をやってください。

 

 

 

コウモリランの冬越しの仕方について

コウモリランは、冬は3℃以上で越冬できます。
よく陽にあてて育てます。

注意は過失にしないこと、
葉水はかけないことです。

 

 

 

スポンサードリンク




 

コウモリランの剪定の仕方について

実葉は、古くなると茶色になり、葉が落ちます。

外套葉は成長が終わって褐色になっても葉が落ちません。

外套葉は、茶色です。
はじめは青い色をしていますが、しばらくすると、茶色く枯れます。

そのまま落ちずに残ります。
根は外套葉の下から伸びています。

二つの細い葉以外に外套葉があるのであれば、
切ってしまっても差し支えないのではないでしょうか。

 

 

コウモリランの増やし方について

コウモリランは、株分けで殖やします。

子株が出てくるので、裸葉を3枚ぐらいつけて、
胞子葉を切り取り、裏に湿らせた水苔をつけて植えます。

 

 

 

 

コウモリランには、HB101がお勧めです

HB101は、宣伝がすごかったので、
初めて使ってみました。

効果は気がついたら「害虫が出なくなっていた」です。

以前に定期的にやっていました。
実感がわかずに辞めました。

そして気がついたら、
使用している時は害虫の症状が出なかった。
辞めたら発生した、です。

それと最近口角のところが割れてきたのですが、
101を塗ったら治った、です。

もちろん治る時期だったのかもしれません。
できたのに気がついて塗って2、3日で良くなりました。

HB-101

 

 

 

コウモリランの病害虫対策について

コウモリランの害虫対策について

使用する道具

 

カイガラムシ

薬剤に強いので、ティッシュで拭き取ったり、ピンセット等で取り除きます。
効果的なのは、水で洗い流すと良いです。
鉢土に卵が潜んでる可能性が有るので、洗い流した後は植え替えると安心です。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
カイガラムシの退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

 

 

 

 

コウモリランの病気対策について

使用する道具

 

すす病

カイガラムシの排泄物にひかれて、すす病菌が集まってくることで発症します。ベンレート水和剤などの殺菌剤を散布します。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
すす病の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します

 

 

 

 

まとめ

コウモリランは多湿を好むのですが、
水苔や土が常時湿っていると腐って枯れてしまいますので、
あくまで、乾いてから水をやるようにしてください。

裸葉(貯水葉)という株の下の茶色い部分、
もしくは株を包み込むような葉っぱに貯水する部分があるので、
ここを中心に水をやってください。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す