コルチカムの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

コルチカムは秋になると、
地面からにょっきりと花茎を伸ばし、
透明感のある美しい花を咲かせます。

机の上や窓辺に球根を置いておくだけでも、
花が咲く性質をもっているので、
受け皿やコップなど、さまざまな容器を使って花が楽しめます。

そこで今回は、
コルチカムの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

コルチカムの花言葉について

コルチカムの花言葉は、
「私の最良の日々は過ぎ去った」「危険な美しさ」です。

美しい花を咲かすけれど、
毒があることにちなみます。

コルチカム

 

 

 

 

コルチカムの育て方について

土づくりの仕方について

開花までは土がなくても大丈夫です。

 

コルチカムは水はけがよく、
有機質に富んだ土壌が適地です。

赤玉土5:腐葉土3:川砂2の割合で混ぜた用土を使います。

庭植えは植える場所に、
あらかじめ腐葉土を混ぜ込んでおくと良いでしょう。

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

土なしで咲かせたものも、
花後に土に植えて球根を太らせましょう。

9月、遅くとも10月下旬ぐらいまでには球根を植えつけます。

球根2個分の間隔をとり、
深さは、球根1~2個分の土がかぶさるぐらいです。

日当たりと水はけのよいところで育てます。

 

 

 

 

水やりの仕方について

土の表面が乾いたら、
しっかりと水やりをします。

 

 

 

肥料の与え方について

3月~4月、9月~10月に、
緩効性肥料を株のまわりにまきます。

マグアンプ

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

コルチカムは分球で増やします。

古い球根は消えてなくなり、
新しい球根が2個できます。

つまり、1年で2倍に増えます。

 

 

 

 

病害虫対策について

水はけが悪いと白絹病が出やすいです。

水やりや水はけに注意して、
梅雨前には球根を掘り上げて、
乾燥させましょう。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す