カトレアの育て方について 肥料の与え方・増やし方・きれいに咲かせ方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

カトレアは、欄の一種で、
中央~南アメリカに分布しています。

カトレアは、土に自生するわっけではなく、
木の枝や岩の上に自生する着生種です。

カトレアは、上級者向けのお花で、
難易度の高い植物とされていましたが、
市場にたくさん出回るようになり、
育てる方が増えてきました。

そこで今回は、
カトレアの育て方について
肥料の与え方・増やし方・きれいに咲かせ方・
病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

カトレアの育て方について

カトレアの土づくりについて

カトレアは着生植物で、
土ではなくミズゴケかバークチップに植えて育てていきます。

鉢は、ミズゴケなら乾燥しやすい素焼き鉢を使用します。
バークチップなら、プラ鉢を使用します。

カトレア

 

 

 

カトレアの植替え方法について

カトレアは春咲・夏咲・秋咲・冬咲と、
ミニパープルみたいな不定 期咲が有りますので、
当然成長のサイクルは異なります。
私の実施している方法としては、
ほふく茎部分等からプチッと根が顔を出した
時に植替えます。
ランの根は、触れたコンポストに対応した根を出す性質が有ります。
ですから、水苔には水苔に対応する、
コルク植えにはコルクに適した根を出します。

ですから変なタイミングで、
コンポストを極端に変えると弱ってしまいます。
私としては植替えの時期は
「新根がプチット顔を出した時」です。

当然時期はそれぞれです。
新根が出ているということは、
カトレアが、今の温度で成長可能と判断したから発根したのです。

 

 

 

 

カトレアの肥料の与え方について

カトレアの肥料は、液肥だけで十分です。
しかし、濃度が問題で通常草花で1000倍希釈の場合は、
その3倍の3000倍以上薄い液肥を週1回で十分です。

濃い濃度の液肥はカトレアを脱水状態にするだけです。

ハイポネックス

 

 

 

カトレアの水やりの仕方について

素焼きの鉢なら、土の色が乾燥した様な色になった、
たっぷりと水を与えます。

寒い時は、軽めに与える。

受け皿に決して水分残さないようにしてください。

 

 

 

カトレアの冬越しの仕方について

カトレアの冬越しは、
最低15度を保てる温室で育てているなら、大丈夫です。

 

 

 

カトレアの増やし方について

カトレアは、株分けで増やすことができます。

ただ、株分けすると株が傷んで、
いったん生育が衰え、新しくできるバルブが小さくなって、
花が咲かない場合もあります。

株分けの適期は、植え替えと同じです。

 

 

 

スポンサードリンク




 

カトレアには、HB101がお勧めです

HB101は、宣伝がすごかったので、
初めて使ってみました。

効果は気がついたら「病気が出なくなっていた」です。

以前に定期的にやっていました。
実感がわかずに辞めました。

そして気がついたら、
使用している時は病気の症状が出なかった。
辞めたら発生した、です。

それと最近口角のところが割れてきたのですが、
101を塗ったら治った、です。

もちろん治る時期だったのかもしれません。
できたのに気がついて塗って2、3日で良くなりました。

HB-101

 

 

 

カトレアの病害虫対策について

カトレアの害虫対策について

使用する道具

 

ナメクジ

ブラウンベイトは、
一番、人気のあるナメクジ駆除剤です

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
ナメクジの退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

 

 

 

カイガラムシ

薬剤に強いので、ティッシュで拭き取ったり、ピンセット等で取り除きます。
効果的なのは、水で洗い流すと良いです。
鉢土に卵が潜んでる可能性が有るので、洗い流した後は植え替えると安心です。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
カイガラムシの退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

 

 

 

カトレアの病気対策について

使用する道具

 

ウイルス病

家庭園芸用レンテミン液剤を散布します。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
ウイルス病(モザイク病)の退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

 

 

まとめ

カトレアは、もともと高い木の上に着生して生活する植物ですから、
雨でぬれたあとに乾くことを好みます。

そのため、栽培するときも
常に根をぬれた状態にしないような注意が必要です。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す