アンチューサの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

アンチューサは、ワスレナグサの仲間で、
愛らしいブルーの小さな花を次々と咲かせます。

株が大きくなりますので、
開花時は一段と存在感があります。

ブルーの花が好きな人にはお勧めです。

ただし、最近は大手の種苗会社のカタログにも載っていないのが残念です。

そこで今回は、
アンチューサの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

アンチューサの花言葉について

アンチューサの花言葉は、
「あなたが信じられない」 「真実」です。

エジプト時代には、この植物を頬紅や口紅に使っていました。
そのことから、「Anchusa」(アンチューサ)と名がつきました。

アンチューサ

 

 

 

 

アンチューサの育て方について

土づくりについて

市販の草花用培養土を使用するか、
自分で作る場合は、
赤玉土と腐葉土(又はバーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え付けの時期は、
秋の9月中旬~11月、春の3月~4月です。

播種は9~10月で、
光があると発芽しないのでしっかり覆土します。
冬の育苗中は霜除けします。

植え付けの時は根を動かさないよう注意します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

肥料は殆ど必要ありません。

庭植えの場合は、
植え付け時に元肥を施しておけば、
追肥の必要はほとんどありません。

鉢植えの場合は、
春と秋に緩効性化成肥料を株元に置き肥して下さい。

緩効性化成肥料

 

 

 

 

水やりの仕方について

過湿を嫌うので、
乾燥ぎみに風通し良く管理しましょう。

庭植えの場合は、
根付けばほぼ降雨のみで大丈夫です。
乾燥が長く続くようなら水やりをして下さい。

鉢植えの場合は、
用土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

種まきで増やすことができます。

花後に種が出来るので、採取しておきます。
種まきの時期は秋の9月中旬~10月頃です。

 

 

 

 

病害虫対策について

アブラムシが発生することがあります。

発生したら、ベニカXファインスプレーを散布しましょう。

 

草花、花木や庭木の幅広い植物に使える殺虫殺菌剤です。
害虫に対しては速効性と持続性があります(アブラムシで約1カ月)。
病原菌の侵入を防いで病気も防除します。

ベニカXファインスプレー

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す