ツルニチニチソウの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ツルニチニチソウは、長いつるを伸ばし、
そこから出た根ではうように広がります。

花は春から初夏にかけて、
立ち上がる茎の葉腋に青や白色の花を咲かせますが、
花よりもむしろ、葉に斑の入る品種がガーデニング素材として親しまれています。

そこで今回は、
ツルニチニチソウの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

ツルニチニチソウの花言葉について

ツルニチニチソウの花言葉は、
「優しい」「思い出」です。

プレゼントに最適ですね。

ツルニチニチソウ

 

 

 

 

ツルニチニチソウの育て方について

土づくりの仕方について

ツルニチニチソウは、
水はけと通気性に富んだ土が適しています。

市販の草花用培養土を使用します。

草花用培養土

 

自分で配合する場合は、
赤玉土小粒5、腐葉土4、砂1などの割合で配合して、使用します。

 

 

 

 

植えつけ方について

花を咲かせるには、
日なたで管理した方が良いのですが、
グリーンとして葉を楽しむなら日陰でも充分育ちます。

 

植える時期は、
3月下旬~5月上旬、9月下旬~10月下旬です。
株間は、30cmほどとります。

株元の節を埋めるように深植えにします。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えます。

 

地植えの場合は、
寝付いたら水やりの必要はありません。
自然の雨のみで大丈夫です。

 

 

 

肥料の与え方について

植えつけるときに、
緩効性肥料を混ぜ込んでおきます。

地植えの場合は、追肥の必要はありません。

マグアンプ

 

鉢植えの場合は、
開花時期に液肥を2週間に1回程度与えます。

ハイポネックス

 

 

 

 

増やし方について

株分けと挿し芽で増やすことが出来ます。

 

株分けの場合は、
つるが土に根を下ろしていたら、
そこから切って苗にします。

 

挿し芽の場合は、
初夏に伸長が止まって茎が堅くなったら、
先端を切って鹿沼土に挿します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

風通しが悪くなると、カイガラムシが発生することがあります。

発生したら、歯ブラシ等を使用して、
こすり取りましょう。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す