ストックの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ストックは、種類が多く、
一重咲きから八重咲きまであります。
さらに、枝分かれせずに咲くタイプと、
スプレー咲きと言われる枝分かれした咲き方の種類もあります。

本来は多年草ですが、
日本では夏の暑さに弱いため、一年草として扱われています。

そこで今回は、
ストックの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

ストックの花言葉について

ストックの花言葉は、
「永遠の恋」「永遠の美」「豊かな愛」「愛の絆」「愛の結合」「求愛」です。

プレゼントに最適ですね。

ストック

 

 

 

 

ストックの育て方について

土づくりの仕方について

鉢植えの場合は、
市販の草花培養土を使用します。

草花用培養土

 

地植えの場合は、
腐葉土をよく混ぜ合わせて植えます。

腐葉土

 

 

 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、9~10月です。

植えつけの時に、根を傷めると
枯れる可能性があるので、
根を崩さずに植えます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

土の表面が乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

 

 

 

 

肥料の与え方について

春から生育が盛んになるので、
月に1度を目安に緩効性化成肥料を表土にばらまき、
軽くなじませます。

マグアンプ

 

 

 

 

増やし方について

種まきで増やします。

種まきの時期は、8~9月です。

発芽適温20℃前後で、移植を嫌うので、
6cmポットに3~4粒ずつ直まきし、5mmくらい覆土します。
発芽するまでは日除けをし、水を切らさないよう注意します。

 

 

 

 

夏越しの仕方について

ストックは、夏前には枯死します。
夏越しすることはできないので、
枯れたら抜き取って根ごと処分します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

ヨトウムシ、コナガ、アブラムシなどが発生します。

害虫が発生したら、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

 

 

気温の高い夏の間は、苗立ち枯れ病が出やすいです。

 

早めの殺菌予防を心がけます。

ダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す