サンタンカの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

サンタンカは丈夫でよく開花するので、
鉢物として出回るほか、
熱帯地域では庭木として広く親しまれています。

小さな花が集まり、
全体で見ると丸みを帯びた花序になります。

花色は赤が美しく人気ですが、
オレンジや黄色などもあります。

そこで今回は、
サンタンカの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

サンタンカの花言葉について

サンタンカの花言葉は、
「熱き思い」「喜び」「張り切る」です。

サンタンカの開花時期の長さに由来しています。

何かに一生懸命に打ち込んでいる方や、
喜ばしい出来事があった方へのプレゼントに、
サンタンカを選んでみてはいかがでしょうか。

 

サンタンカ

 

 

 

 

サンタンカの育て方について

土づくりの仕方について

サンタンカは、弱酸性の用土を好みます。

自分で配合する場合は、
赤玉土4、鹿沼土3、腐葉土3で混ぜ合わせます。

 

 

 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、4~5月です。

日当りと水はけの良い所を好みますが、
真夏の直射日光では葉焼けすることがあるので、
半日陰に置いた方が良いでしょう。

また、寒さに弱い性質のため冬場は室内で育てます。

夏と冬のことを考えれば、
鉢植えでの栽培の方が管理が容易です。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

乾燥を嫌うので、
水切れを起こさないように注意します。

 

 

 

肥料の与え方について

成長中の初夏から夏まで。
緩効性肥料を与えます。

マグアンプ

 

 

 

 

増やし方について

挿し木で増やすことが出来ます。

5月~9月に行います。
枝を2節ほど切って大きな葉は半分に切り、
鹿沼土などの清潔な用土にさします。

 

挿し芽に発根促進剤メネデールを使用することによって、
失敗を防ぐことが出来ます。
薄めたメネデール液に2~3時間浸してから、挿します。

 

メネデール

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

アブラムシとカイガラムシが発生することがあります。

アブラムシが発生したら、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

カイガラムシが発生したら、
ブラシなどで擦り落としましょう。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す