カサブランカの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

カサブランカは草丈1m~2mの耐寒性球根植物で、
100種近くあるユリの中の女王とも言えます。

その堂々とした大きな花と甘い香りは、
多くの人を魅了します。
完全に開花すると花径20㎝にもなります。

カサブランカは、ヤマユリやカノコユリなどを親として、
交配されたオリエンタル系ユリの1つで、
他のユリ同様、栽培は難しくありません。

そこで今回は、
カサブランカの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

カサブランカの花言葉について

カサブランカの花言葉は、
「高貴」「純粋」です。

ゴージャスでありながら、
上品で高貴な印象を与えてくれるので、
花嫁のブーケなどにもよく使われています。

 

ピンク糸のカサブランカの花言葉は、
「富と繁栄」です。

ピンクという色は、幸せそうなイメージが沸く色なのだからでしょう。

 

カサブランカ

 

 

 

 

カサブランカの育て方について

土づくりの仕方について

カサブランカは排水性のよい土を好みます。

市販の土を利用する場合は、
球根の土を使用します。

自分で配合する場合は、
赤玉土6:腐葉土3:パーライト1の比率で配合します。

球根の土

 

 

 

植えつけ方について

植え付けの時期は秋です。
10〜11月頃がお勧めです。

日当りと水はけの良い場所に植え、
過湿に注意します。

球根の上下2ヶ所から根が出るため、深植えします。

 

地植えする場合は、
1〜2週間前に土に苦土石灰を混ぜて酸度を整えておきます。
PHは6.0が目安です。

土壌酸度計

 

カサブランカは、冬の寒さには強く(耐寒温度-10℃)いですが、
乾燥に弱いので、株元を稲わらや腐葉土でマルチングします。

乾燥に気をつければ北海道でも越冬できます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

カサブランカの球根は、乾燥に弱い特徴があります。

土の表面が乾燥したら、
底穴から水が流れ出るまで、
たっぷり水を与えます。

発芽していない夏〜冬の間でも、
水やりは必要です。

 

 

 

肥料の与え方について

上根で養分を吸収するので、
元肥を施しておきます。

元肥として土1Lに対して、
緩効性化成肥料5gほど混ぜましょう。

緩効性肥料

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

種まき・分球・鱗片ざし・木子で増やすことが出来ます。

地上部が枯れたら(9〜11月の葉が黄色く枯れ始めた)掘り上げ、
洗って乾燥させて乾いたバーミキュライトなどに埋めて保存しますが、
2~3年は植えたままでもかまいません。
1つの球根を2個に分けることが出来ます。

 

※用土を新しいものにしたり、植える場所を変えるようにしましょう。
※球根を掘り上げたらよく水洗いし、オーソサイド液に規定量希釈したものに、
30分ほどつけて殺菌します。

 

 

オーソサイド水和剤

 

 

種まきは、カサブランカは受粉すると花後にさやを作るります。
そこから種が取れますので、10〜11月頃に種まきをします。
ただし、発芽しても寒さに弱いので室内で管理しましょう。

 

 

 

 

病害虫対策について

アブラムシが発生しやすいので、
注意します。

 

アブラムシが発生したら、
ベニカXファインスプレーを散布しましょう。

草花、花木や庭木の幅広い植物に使える殺虫殺菌剤です。
害虫に対しては速効性と持続性があります(アブラムシで約1カ月)。
病原菌の侵入を防いで病気も防除します。

ベニカXファインスプレー

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す