カレックスの育て方について 元気に育てるコツを紹介します

カレックスは、冬も常緑で一年中きれいな葉色を保ち、
寄せ植えや庭植えに最適です。

耐暑性、耐寒性もありますので、
ガーデニング初心者を悩ませがちな冬越しも容易です。

非常に多くの種が分類されており、
栽培される品種も実に多様です。

そこで今回は、
カレックスの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

カレックスの花言葉について

カレックスの花言葉は、
「物静か」「隠れ忍ぶ」です。

花は葉の間に花茎を伸長し、
先端に雄花と雌花を咲かせます。

花が咲いてもほとんど目立つことがないです。
花色は主に茶色です。

 

カレックス

 

 

 

カレックスの育て方について

土づくりの仕方について

水はけが良くて、
通気性のある土が適しています。

市販の草花用培養土を用いりましょう。

 

草花用培養土

 

 

また、自分で配合される場合は、
赤玉土7、腐葉土3の配合土を使用します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

植え付けの時期は3月です。

カレックスは、大変丈夫な植物で、
日向でも日陰でも、十分に育ちます。

 

ただし、白い斑が入る品種は強い日ざしに弱いので、
半日陰が適しています。
逆に、銅葉や黄色葉の品種は、日向を好むので、
日当たりのよい場所で育てることをおすすめします。

 

 

 

水やりの仕方について

鉢植えの場合は、
表面の土が乾燥したら、
たっぷりと水を与えます。

 

地植えの場合は、特に水やりの必要はありません。
自然の雨だけで十分です。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

植え付けの時に、
緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。

 

緩効性肥料

 

 

 

 

増やし方について

株分けで簡単に増やすことができます。

3月~4月に掘り上げた株を、
ハサミなどで切り分けて植え付けます。

 

 

 

 

病害虫対策について

特に発生しません。

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す