イングリッシュラベンダーの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

イングリッシュラベンダーは、
他のラベンダーよりも寒さに強く、北海道でも栽培が可能です。

多くの種類があるラベンダーですが、
中でも特に香りが良く、最も知られているのが、
このイングリッシュラベンダーです。

花茎の先に小さな輪散花序を6~10個つけ、
全体が穂のようになります。
葉は細長く灰緑色をしています。

そこで今回は、
イングリッシュラベンダーの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

イングリッシュラベンダーの花言葉について

イングリッシュラベンダーの花言葉は、
「清潔」「優美」です。

古代から、抗菌・鎮静の役割もなすことから、
普段から使われている愛される植物です。

イングリッシュラベンダー

 

 

 

 

イングリッシュラベンダーの育て方について

土づくりについて

イングリッシュラベンダーは、
日当り、水はけの良い乾燥した場所を好みます。
ですので、市販のハーブ用専用用土を用いるのが一番おすすめです。

また、庭に植える際には、
コケが生えているような場所には植え付けないでください。
コケなどは地面がジメジメしている証拠です。

ハーブの土

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

イングリッシュラベンダーは高温加湿が苦手ですので、
植え付けは、春と秋に行います。

植え付け時期は、
4~5月 10~11月がおすすめです。

植え終わったら水を与えて、
日陰で根の定着を待ちましょう。
根が定着してきたようならば、
日当たりの良い所へ移動させます。

 

 

 

 

水やりの仕方について

イングリッシュラベンダーは、
乾燥気味を好みます。

表土が完全に乾いてから、
たっぷりと水を与えます。

 

 

 

肥料の与え方について

イングリッシュラベンダーは、
殆ど肥料を必要としません。

逆に肥料を与えすぎると、
樹形が崩れることもあるため、
通常は肥料なしで育てます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

剪定の仕方について

イングリッシュラベンダーは、
高温多湿に弱いので、風通しを良くして、
終わった花は早めに摘み取りましょう。

花後と秋から早春にかけて株の剪定を行い、
草姿を整えると良いでしょう

 

 

 

増やし方について

種まきと挿し木で増やすことが出来ます。
安定した性質の株を得るには、
挿し木の方がおすすめです。

挿し木の時期は、
春もしくは秋ですが、春場のほうがおすすめです。

まず挿し木に用いる茎を5cm程度切り取ったら、
水に数時間ほどつけて吸水させます。

挿し木に用いる茎は、
丈夫そうなものを選んでおいてください。

その後に発根促進剤を用いても構いません。
あとは用土に挿し木します。

ルートン

 

 

 

 

病害虫対策について

春先にアブラムシが発生することがあります。

発生したら、
ベニカXファインスプレーを散布しましょう。

草花、花木や庭木の幅広い植物に使える殺虫殺菌剤です。
害虫に対しては速効性と持続性があります(アブラムシで約1カ月)。
病原菌の侵入を防いで病気も防除します。

ベニカXファインスプレー

 

 

また、風通しが悪いと、
うどん粉病が発生します。

こちらにもベニカXファインスプレーを散布しましょう。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す