カロライナジャスミンの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

カロライナジャスミンは、
ジャスミンの仲間ではありませんが、
似た芳香を放つのでこの名前がついています。

北アメリカ南部から中央アメリカに分布する常緑のつる性植物で、
細いつるで、からみつきながら6mほどに伸びます。

庭に植えて大きく伸ばすと、
株いっぱいに花をつけ見ごたえがあります。

そこで今回は、
カロライナジャスミンの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

カロライナジャスミンの花言葉について

花言葉は、
「甘いささやき」「長寿」「素直」「気立ての良さ」です。

カロライナジャスミンの、
ジャスミンのような優しい香りを漂わせることから、
「甘いささやき」という花言葉がつきました。

 

カロライナジャスミン

 

 

 

 

カロライナジャスミンの育て方について

土づくりの仕方について

カロライナジャスミンは、
土質はあまり選びません。

市販の花の培養土を使用しましょう。

草花用培養土

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

カロライナジャスミンは、日当りを好み、
過湿を嫌います。

植え付けは春と秋です。
4~5月頃か9~10月頃に行います。

耐寒温度は0℃です。
冬場はマルチングをしておけば、
関西より西の地方では冬越しが可能です。

 

鉢植えの場合は、
冬は霜や風があたらない場所で管理しましょう。
日当たりが悪いと花つきが悪くなるので、
日当たりの良い場所で管理します。

 

 

 

水やりの仕方について

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

地植えの場合は、
特に水やりの必要はありません。
自然の雨だけで十分です。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

肥料はあまり必要ありません。

花後と花芽分化後の秋に、
化成肥料を根元に少量置き肥します。

また、1~2月頃に、寒肥として有機肥料を施します。
ただ、窒素成分が多い肥料を与えると、
花つきが悪くなるので、カリ成分を含むバランスの良い肥料を与えます。

 

 

 

 

増やし方について

春から夏にかけて挿し木でふやすことができます。

葉からの蒸散を抑えるため葉のサイズを半分ほどに切り、
2節つけて赤玉土等に挿します。

直射日光のあたらない半日陰で、
乾かさないように管理すると発根します。

 

また、挿し木に発根促進剤メネデールを使用することによって、
失敗を防ぐことが出来ます。
薄めたメネデール液に2~3時間浸してから、
鹿沼土に挿します。

 

メネデール

 

 

 

病害虫対策について

夏場にハダニが発生することがあります。

見つけたら、水で洗い流すか、
農薬を散布しましょう。

 

ベニカXファインスプレーを散布しましょう。

草花、花木や庭木の幅広い植物に使える殺虫殺菌剤です。
害虫に対しては速効性と持続性があります(アブラムシで約1カ月)。
病原菌の侵入を防いで病気も防除します。

ベニカXファインスプレー

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す