アッツザクラの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

アッツザクラは南アフリカ原産の球根植物です。

アッツザクラは球根植物ですが、
球根は直径1㎝程度と小さめです。

球根の状態よりも、
主にポット苗や鉢で開花した状態のものが流通しています。

先のとがった小さな星形の
かわいらしい花を咲かせます。

そこで今回は、
アッツザクラの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

アッツザクラの花言葉について

花言葉「愛を待つ」「可憐」です。

アッツザクラの花は春から梅雨前に開花します。
花色は白、ピンク、濃いピンクがあります。

草丈は5~15cm程度と低く、
花も2~3㎝程度と小ぶりな花なので、
寄せ植えや花壇の縁などに使いやすい花材です。

アッツザクラ

 

 

 

 

アッツザクラの育て方について

土づくりについて

アッツザクラは水はけのよい土壌を好みます。

腐葉土とピートモスの混合土を使用します。

鉢植えのアッツザクラは、
市販の山野草の土で問題なく育ちます。

山野草の土

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

2~4月に植えます。

互いの球根の感覚は一個分程度あけて植え付けます。

深さは、球根が隠れる程度です。

暑さに弱いので、
夏は半日陰の涼しい場所に置くと良いでしょう。

 

 

 

水やりの仕方について

アッツザクラは、乾燥に強いのですが、
生育中は乾燥させないよう、
こまめに水やりします。

 

 

 

 

肥料の与え方について

開花後に緩効性化成肥料の置き肥を施しておきます。

そうすることにより、
球根の太りがよく、球根の数もふえます。

緩効性化成肥料

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

自然分球で増えます。

早春か開花直後に、
株分けの要領で分けて植えつけます。

1球ずつばらばらにするのではなく、
かたまりで分けたほうが、作業も楽です。

 

 

 

 

冬越しの仕方について

耐寒温度は、0℃です。

秋に葉が枯れ始めたら水を断ち、
冬は軒下などで凍らないよう管理します。

 

 

 

 

病害虫対策について

ほとんど発生しません。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す