アリッサムの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

アリッサムは、秋から冬に出回ります。
小花がたくさん咲き、
花束のようにこんもりと生い茂る姿が何とも愛らしい植物です。

アリッサムは横に広がる性質を持つので、
グランドカバーの他、寄せ植えの引き立て役や、
花壇に植える花として人気があります。

安価で手に入れやすく、
生育が良いことで人気があります。

そこで今回は、
アリッサムの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

アリッサムの花言葉について

アリッサムの花言葉は、
「優美」「美しさに優る価値」です。

春先に白やピンク、
黄や紫といった美しい花が、
じゅうたんを敷いたように咲き広がり、
甘い香りを放つことからつけられました。

アリッサム

 

 

 

 

アリッサムの育て方について

土づくりについて

アリッサムは、水はけ、通気性のよい、
適度な保水性のある土を好みます。
また、酸性土を嫌うので、
用土1リットル当たり2gの苦土石灰を混ぜておきましょう。

自分で配合する場合は、
赤玉土中粒5、腐葉土3、酸度調整済みピートモス2の配合土に、
適量のリン酸分の多い緩効性化成肥料を混ぜたものを使用します。

 

 

 

 

種まきの仕方について

3~4月または9~10月に播種します。

アリッサムは、
横に広がる性質を持っているので、
種まきの際には間隔を広め(約20cm)にとります。

また、移植するときは、
株が大きく育った後に移植すると弱るので、
小さいうちに行いましょう。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

アリッサムは、乾燥に強い花ですが、
多湿には弱い特徴があります。

水のやりすぎに注意します。

土の表面が乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

 

 

 

肥料の与え方について

肥料は、リン酸成分がたくさん入った、
緩効性肥料がお勧めです。

緩効性肥料

 

 

スポンサードリンク




 

 

冬越しのやり方について

アリッサムは冬の植物で、
0 ℃まで耐えることが出来ます。

しかし、霜には弱いので、
霜が当たらない環境で育てましょう。

 

 

 

 

病害虫対策について

株元や土が過湿になると苗立枯病が発生します。
水の与えすぎには注意しましょう。

 

苗立枯病になった場合は、
トップジンM水和剤を散布します。

トップジンM水和剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す