アレナリアの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

アレナリアは、
北半球に150種ほどが分布しています。

特に寒帯や高山地帯に多くの種が分布し、
枝垂れて育つ株に白い花を一面に咲かせる宿根草です。

ただし、日本では、
暖地では夏で枯れやすい為一年草となりやすいです。

そこで今回は、
アレナリアの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

アレナリアの花言葉について

アレナリアの花言葉は、
「愛らしい」「可憐な」です。

花言葉の意味は、
ふんわりと咲く、
小さなかわいらしい白い花の風情からつけられています。

アレナリア

 

 

 

 

アレナリアの育て方について

土づくりついて

アレナリアは、水はけがよい肥沃な土を好みます。
また、酸性土を嫌います。

用土は、赤玉土中粒5、腐葉土3、
酸度調整済みピートモス1、軽石小粒1の配合土に、
適量のリン酸分の多い緩効性化成肥料を混ぜたものを使用します。

また、酸性土を嫌うので、
用土1リットル当たり2gの苦土石灰を混ぜましょう。

緩効性化成肥料

 

 

 

 

植えつけ方について

植えつける時期は、
3~5月と9~10月です。

日当たりと水はけのよい場所に植えましょう。

そうすると、初夏までは問題なく育ちます。

高温多湿に弱く、梅雨以降は弱りやすくなります。
夏越しする場合は半日陰に移動しますが、
暖地では一年草扱いが無難です。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

庭植えでは、特に水やりの必要ありません。

鉢植えの場合は、
表面が乾いたら、たっぷりと水を与えましょう。

 

 

 

 

肥料の与え方について

緩効性肥料を、
月に一回程度与えましょう。

リン酸成分が多いマグアンプがお勧めです。

 

 

 

 

病害虫対策について

害虫としては、アブラムシが発生しやすいです。

発生したら、ベニカXファインスプレーを散布しましょう。

 

草花、花木や庭木の幅広い植物に使える殺虫殺菌剤です。
害虫に対しては速効性と持続性があります(アブラムシで約1カ月)。
病原菌の侵入を防いで病気も防除します。

ベニカXファインスプレー

 

 

また、高温多湿に弱い性質上、
立枯病が発生しやすいです。

ダコニールで対処しましょう。

 

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す