クジャクアスターの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

クジャクアスターは、
小さな花をたくさんつけた枝が、
クジャクの羽のように広がります。

色彩は白を基本として、
薄いピンク、紫、青紫があります。

色々な種類の色や形があって、
どれにしようかと迷うくらいでう。
選ぶ楽しさもあります。

そこで今回は、
クジャクアスターの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

クジャクアスターの花言葉について

クジャクアスターの花言葉は、
「いつもご機嫌」「飾り気のない人」です。

無数に枝分かれした先に咲いた小花が、
仲良く秋風にゆれる姿から連想してつけられています。

 

クジャクアスター

 

 

 

クジャクアスターの育て方について

土づくりの仕方について

水はけが良ければ土質は選びません。

市販の草花培養土を使用します。

 

草花用培養土

 

 

自分で配合する場合は、
赤玉土小粒7、腐葉土3の配合土を作ります。

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

日当りと水はけの良い場所に植えますが、
真夏は強い日差しの当たらない半日陰で育てます。

秋植えの場合は根が凍らぬよう、
バークや腐葉土等で覆いましょう。

 

 

 

 

水やりの仕方について

鉢植えの場合は、
土の表面がしっかりと乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

 

地植えの場合は、
特に水やりの必要はありません。
自然の雨だけで十分です。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

肥料が多すぎると姿が乱れるので、
少なめを心がけます。

緩効性肥料を控えめに与えます。

 

 

 

増やし方について

春か秋に株分け、
もしくは、挿し木で増やすことができます。

 

株分けの場合は、
2月から3月の芽出し直前に株を分けます。
3~5芽で1株になるようにハサミで切り分けます。

 

挿し木の場合は、
5月から6月に、新芽の先端をさします。
茎の途中の部分を使っても根づきますが成長が劣ります。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

エカキムシが発生することがあります。

 

発生したら、
ベニカXファインスプレーを散布しましょう。

草花、花木や庭木の幅広い植物に使える殺虫殺菌剤です。
害虫に対しては速効性と持続性があります(アブラムシで約1カ月)。
病原菌の侵入を防いで病気も防除します。

ベニカXファインスプレー

 

 

うどんこ病が発生することがあります。

発生したらダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す