クッションブッシュの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

クッションブッシュはキク科の植物で、
オーストラリアが原産になります。

寄せ植えに最適です。
銀白色の細かい枝を持ち、
針金のオブジェのような個性的な姿をしていて、
こんもりと球状にまとまります。

そこで今回は、
クッションブッシュの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

クッションブッシュの花言葉について

クッションブッシュの花言葉は、
「律儀」です。

銀色でピュアなイメージを与えてくれることから付けられました。

 

クッションブッシュ

 

 

 

クッションブッシュの育て方について

土づくりの仕方について

砂が多めの水はけの良い土を使用します。

 

 

 

植えつけ方について

日当りを好みます。
暑さと乾燥には強いですが多湿に弱いので、
長雨に当てないように注意しましょう。

 

 

 

水やりの仕方について

クッションブッシュは、
加湿に弱いので水やりに注意します。

土の表面が乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

梅雨期の雨は避けてください。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

クッションブッシュは、肥料をあまり必要としません。

春または秋に緩効性肥料を与えます。

緩効性肥料

 

 

 

冬越しの仕方について

クッションブッシュの耐寒温度は、5℃です。

冬は5度以上を保つようにします。
寒い水を控えめに管理します。
冬は室内に取り込みましょう。

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

晩夏(10月~11月)の挿し木でふやすことができます。

切り戻した枝を、
挿し木用土に挿しておくと発根します。

 

また、挿し木に発根促進剤メネデールを使用することによって、
失敗を防ぐことが出来ます。
薄めたメネデール液に2~3時間浸してから、
鹿沼土に挿します。

 

メネデール

 

 

 

 

病害虫対策について

ほとんど発生しません

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す