タマリュウの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

タマリュウは、1年を通して常に緑色で、
維持管理が簡単なことから、
お庭のグランドカバーとして多く使われています。

花壇の縁取りや木の根元の飾り、
寄せ植えのリーフプランツなどに利用幅の広い多年草です。

そこで今回は、
タマリュウの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

タマリュウの花言葉ついて

タマリュウの花言葉は、
「変わらぬ想い」「不変の心」です。

 

真夏でも真冬でも変わらず、
青々と茂った姿から付きました。

タマリュウ

 

 

 

 

タマリュウの育て方について

土づくりの仕方について

タマリュウは、どんな土でも育つ強さがあります。
通常は、市販の草花用培養土を使用します。

草花用培養土

 

 

自分で配合する場合は、
赤玉土小粒7~8:腐葉土2~3の割合で混ぜた土を使います。

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、
3~4月か9~10月です。

株間はは10~15cmで、
ジグザグに配置すると綺麗です。

 

 

 

 

水やりの仕方について

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、しっかりと水を与えます。

 

地植えの場合は、
根付いたら特に水やりの必要はありません。

自然の雨のみで大丈夫です。

 

 

 

 

肥料の与え方について

植えつけの時に、
市販の草花培養土を使用した場合は、
元肥は必要ありません。

また、自分で配合した場合も、
腐葉土を混ぜ込んでおけば、
元肥は必要ありません。

 

追肥として、
春や秋に油かすなど有機質肥料を与えます。

油粕

 

 

 

 

増やし方について

株分けで増やすことが出来ます。

時期は、3~5月と9~11月頃です。

根を手やナイフで切り分けます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

特に発生しません。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す