ギンモクセイの育て方について 枯らさずに元気に育てるコツを紹介します

ギンモクセイは、
秋を代表する香りのよい花木です。

キンモクセイとよく似ていますが、
白い花が可憐な印象を与えてくれます。
生育も旺盛で、育てやすいことから
生け垣やシンボルツリーとしても古くから親しまれています。

そこで今回は、
ギンモクセイの育て方について
枯らさずに元気に育てるコツを紹介します。

「ギンモクセイの育て方について 枯らさずに元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

キンモクセイの育て方について 枯らさずに元気に育てるコツを紹介します

キンモクセイは、
秋を代表する香りのよい花木です。

9月下旬から10月中旬に、
強い芳香のある橙黄色の小さな花を枝に密生させて咲きます。

特に夜間は、
近くになくても香りが感じられるほどに強く香ります。

そこで今回は、
キンモクセイの育て方について
枯らさずに元気に育てるコツを紹介します。

「キンモクセイの育て方について 枯らさずに元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

おたふく南天(ナンテン)の育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

おたふく南天(ナンテン)は、
お正月の縁起物として知られる、
南天(ナンテン)の改良品種です。

剪定なしで放っておいても、
自然と丸い樹形になってくれます。

おたふく南天(ナンテン)の花言葉は、
「福をなす」「よい家庭」「機知に富む」という
縁起物ならではの花言葉がついています。
常緑で冬にも落葉しないのに、霜に当たると紅葉します。

そこで今回は、
おたふく南天(ナンテン)の育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

「おたふく南天(ナンテン)の育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します」の続きを読む…

西洋ナシの育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

西洋ナシは、ラ・フランスが有名ですね。

ラ・フランスは、
山形県の名産として知られ、
そのシェアは8割近くにものぼり、
もっとも多く出荷される時期は、
例年、10月下旬頃~12月頃となっています。

そこで今回は、
西洋ナシの育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

「西洋ナシの育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します」の続きを読む…

銀杏(イチョウ)の育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

銀杏(イチョウ)の木は、
独特の葉の形を見ただけで、
誰もが分かりますよね。

秋になって黄色くなった葉は、
もみじの紅葉に負けず劣らず目を引くものです。
また、実も銀杏(ギンナン)として食用にされ、
味覚の面でも秋に欠かせないものとなっています。

そこで今回は、
銀杏(イチョウ)の育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

「銀杏(イチョウ)の育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します」の続きを読む…

ネクタリンの育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

ネクタリンの原産地は、
中央アジアのトルキスタンだとも中国だとも言われています。
どちらも乾燥した地域で、
夏に雨の少ない地域に適応しています。

一般にネクタリンは普通のモモに比べて、
果実に酸味があるのが特徴ですが、
酸味を感じない、いわゆるスイートネクタリンもあります。

そこで今回は、
ネクタリンの育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

「ネクタリンの育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します」の続きを読む…

梨の育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

梨には果皮が黄褐色の赤梨(幸水・豊水など)と
果皮が黄緑色の青梨(二十世紀など)があり、
赤梨のほうが栽培がしやすい特徴があります。

梨は樹上で完熟するため、
収穫後すぐに食べられます。

そこで今回は、
梨の育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

「梨の育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します」の続きを読む…

アケビの育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します

アケビは厚い果皮と、
中に種と共に白いゼリー状の果肉が入っていて、
熟すと紫色になった果皮が、
ぱっくりと割れて中の種が顔を出し、
この時が食べごろとなります。

古くから日本では食用にされいて、
果皮も果肉もどちらも食べられます。

春の新芽や未熟果も食べられ、
東北の山菜として食卓に並んできました。

そこで今回は、
アケビの育て方について
上手に美味しく育てるコツを紹介します。

「アケビの育て方について 上手に美味しく育てるコツを紹介します」の続きを読む…

かりんの育て方について 上手に育てるコツを紹介します

かりんは、中国が原産のバラ科の落葉樹になる果実で、
古くから薬用として用いられました。
日本でも全国で栽培されています。

かりんは果物と言っても、
非常に硬い上、渋くて生では食べられません。
香りを楽しむ、また、薬用成分を利用するような使い方になります。

のど飴やかりん酒など、
薬効成分と共に、この香りを活かした加工に用いられています。

誰もが知っていると言えるくらい、
咳止め、痰、ぜんそくに効果があるアミグダバリンという
薬用成分を含んでいます。
これはかりん酒でも効き目があります。

そこで今回は、
かりんの育て方について
上手に育てるコツを紹介します。

「かりんの育て方について 上手に育てるコツを紹介します」の続きを読む…