ペパーミントの育て方について 元気に育てるコツを紹介します

ペパーミントは、
ウォーターミントとスペアミントの自然交雑から生まれたとされており、
ミントの中でも、とくに作用が強いといわれています。

夫な性質で、家庭菜園初心者の方でも簡単に育てられます。

そこで今回は、
ペパーミントの育て方について、
紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

ペパーミントの花言葉について

ペパーミントの花言葉は、
「心の暖かさ」「美徳」「真心」「永遠の爽快」です。

ペパーミントの効果効能が由来しています。

ペパーミント

 

 

 

 

ペパーミントの育て方について

土づくりの仕方について

市販のハーブの土が適しています。

ハーブの土

 

 

自分で配合する場合は、
赤玉土(小粒)5:腐葉土3:バーミキュライト2の割合で混ぜて使用します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、
4~5月、9~10月です。

日当たりが良すぎる場所だと、
葉が萎れたり枯れたりするため、
半日陰等の風通しの良い場所が最も適しています。

 

株同士の間隔を20~30cmほど空けて苗植えをします。

根っこが広がり過ぎないよう、
板やブロックで囲っておくことを
忘れないようにしてください。

 

 

 

 

水やりの仕方について

ペパーミントは、乾燥が苦手です。

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

地植えの場合は、
根付くまでは、しっかりと水を与え、
根付いてしまえば、特に水やりの必要はありません。

 

 

スポンサードリンク




 

 

肥料の与え方について

植え付けるときに、
効果がゆっくりと長続きする、
緩効性化成肥料を土に混ぜておきます。

マグアンプ

 

 

それ以降は、3~9月の間、
同様の肥料を2~3ヶ月に1回与えます。

 

ただし、肥料を与え過ぎると香りが弱くなってしまうので、
注意してください。

 

 

 

 

増やし方について

播種は春または秋に行いますが、
挿し木で簡単にふやすことができます。

 

 

 

病害虫対策について

強力なメントールで害虫が寄ってきません

 

 

べトニーの育て方について 元気に育てるコツを紹介します

べトニーは、
ヨーロッパでは、「庭植えのハーブ」としてよく使われている植物で、
爽やかな香りがある、
長い楕円形で縁にはギザギザのある葉を持ち、
鮮やかな赤紫色の小さな花を穂のようにして、
たくさん咲かせていきます。

日本では昔から、
僧院の薬草園には必ず植えられていました。
悪魔などから身を守れると、
家に吊るしたりしていました。

そこで今回は、
べトニーの育て方について、
紹介します。

 

「べトニーの育て方について 元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

ブーゲンビレアの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ブーゲンビレアは丈夫で、
トロピカルカラーが印象的な南国の花として知られています。

美しく着色した部分は苞で、
中心部に白色の小さな筒状の花をつけます。

寒さにも強く、
霜が降りない地域では戸外でもよく冬越しします。

そこで今回は、
ブーゲンビレアの育て方について、
紹介します。

 

「ブーゲンビレアの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

ブロンズフェンネルの育て方について 元気に育てるコツを紹介します

ブロンズフェンネルは、
星形の花をつけ、垂れ下がるように茂り、
開花している期間が長く本来は多年草なので、
冬は室内で保温すると周年開花します。

ブロンズ色をした葉がとても美しく、
観賞用として人気が高い植物です。

ハーブとしても利用されています。

そこで今回は、
ブロンズフェンネルの育て方について、
紹介します。

 

「ブロンズフェンネルの育て方について 元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

ブロワリアの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ブロワリアは、熱帯アメリカに分布する多年草ですが、
耐寒性が弱いので、
春播き一年草として扱われます。

青紫色の小さな星形の花をつけ、
枝は垂れ下がるように茂り、
ハンギングには最適です。

そこで今回は、
ブロワリアの育て方について、
紹介します。

 

「ブロワリアの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

フロックス ドラモンディーの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

フロックス ドラモンディーは、
ニチニチソウを小型にしたような花がたくさんつきます。

ハナシノブ科の秋まき1年草で、
別名キキョウナデシコと呼ばれています。

小花がたくさん咲いて、
とても綺麗な花です。

そこで今回は、
フロックス ドラモンディーの育て方について、
紹介します。

 

「フロックス ドラモンディーの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

フレンチラベンダーの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

フレンチラベンダーは、
程よい香りとうさぎの耳がついたような花姿が
人気のラベンダーです。
とても特徴的で、細く伸びた茎の先端に稲穂状に花が付きます。

最大の特徴は花穂の先についた葉です。
葉だけれど緑色ではなく、紫色や白い色をしています。

そこで今回は、
フレンチラベンダーの育て方について、
紹介します。

 

「フレンチラベンダーの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

フレンチタラゴンの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

フレンチタラゴンは、
ほのかに甘い香りがし、
オムレツ、ローストチキンなどのフランス料理に活躍している、
料理に万能なハーブです。

別命では「エストラゴン」とも呼ばれ、
葉と花が利用されるフレンチタラゴン。
隠れファンも多いようです。

そこで今回は、
フレンチタラゴンの育て方について、
紹介します。

 

「フレンチタラゴンの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

ブルーファンフラワーの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

ブルーファンフラワーは、
オーストラリア東南部原産の植物で、
毎年花を咲かせる多年草です。

半円状の扇のような花をたくさんつけ、
はうように広がるので、ハンギングや寄せ植えの下草に最適です。

そこで今回は、
ブルーファンフラワーの育て方について、
紹介します。

 

「ブルーファンフラワーの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…

ブルースターの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

ブルースターは、名の通りで、
空色で星形の花は切り花としても人気があります。

栽培は意外に簡単で、
半つる性で1m程に成長することもあります。

暑さに強く、初夏から秋まで咲き続けるうえ、
半耐寒性もあり、
暖地では戸外で、関東地方南部などでも、
霜よけをすれば戸外で冬越しする、
比較的丈夫な多年草です。

そこで今回は、
ブルースターの育て方について、
紹介します。

 

「ブルースターの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します」の続きを読む…