サンダーソニアの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

サンダーソニアは、
オレンジ色の小さなランタンのような独特の花型の小花を、
たくさん吊り下げたように咲きます。

南アフリカ原産の球根植物で、
冬の間は葉や茎のない球根の状態で休眠し、
春になると芽を伸ばして初夏に花を咲かせます。

そこで今回は、
サンダーソニアの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

サンダーソニアの花言葉について

サンダーソニアの花言葉は、
「愛嬌」、「望郷」、「祈り」です。

この植物を発見した南アフリカの入植者らの、
祖国を想う気持ちにちなむともいわれます。

サンダーソニア

 

 

 

 

サンダーソニアの育て方について

土づくりの仕方について

水はけのよい土を好みます。

赤玉土中粒5、腐葉土2に、
酸度調整済みピートモス1、川砂2の割合で混ぜて、
水はけを良くしたの配合土を使用します。

 

 

 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は4月頃です。

球根はV字形の二また状に分かれていて、
その先に芽があります。
なお球根は、細長くてもろく折れやすいため、
芽の近くで折れると発芽をしなくなるので、取り扱いには注意します。

地植えの場合15cm間隔で球根を横にして、
その上に5~10cmの土がかかる深さに植えます。

日当り、
水はけの良い所を好み、
雨に当てず乾燥ぎみに育てます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

鉢植えの場合は、
土の表面がしっかり乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

 

地植えの場合は、
特に水やりの必要はありません。
自然の雨のみで大丈夫です。

 

 

 

 

肥料の与え方について

肥料はさほどたくさん必要ありません。

球根を植え付ける際に、
ゆっくり効くタイプの粒状肥料を混ぜ込んでおけば、
後は芽が出て花が咲き終わる頃までの間、
月1回程度液体肥料を与えれば充分です。

マグアンプ

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

9月頃葉が黄変したら水を切って掘り上げ、
良く乾燥させてからピートモスなどに包んで、
暖かい室内で貯蔵しておきましょう。

3~5月に植えつけましょう。

 

 

 

 

病害虫対策について

アブラムシやナメクジが発生します。

 

アブラムシが発生したら、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

ナメクジ対策としては、ナメクジバリア粒剤がお勧めです。

その名の通り、ナメクジを寄せ付けない薬剤です。

雨に強く、
ナメクジよけ効果が1.5ヵ月持続します。

直接かければ、退治することもできます。

 

以前も使用していましたが、
使い勝手がよく効き目があっていいですよ。

ナメクジバリア粒剤

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す