パンジーやビオラとアリッサムの寄せ植えの作り方について

パンジーやビオラは、
秋から春にかけて、
庭を彩るかわいいお花です。

相性が良いのは、アリッサムです。

そこで今回は、
パンジーやビオラとアリッサムの寄せ植えの作り方について、
紹介します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

パンジーやビオラとアリッサムの寄せ植えの作り方について

使用する道具

 

10月になると、
パンジーやビオラ・アリッサムが市場に出回ってきます。

この時期に、寄せ植えを作っておくと、
1カ月後には、見事にお庭を彩ってくれます。

 

下の写真は、植えたてのパンジーとビオラになります。

 

 

成長すると、
以下の様になります。

 

お庭に1つあるだけで、
豪華になりますね。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方ついて

水やりは、
土の質にもよりますが、
表面が乾いてきたらやるというくらいでいいでしょう。

表面が乾いていても、
中は乾ききっていませんから、
ちょうどそのくらいがいい感じになります。

 

 

水やりの注意点
寒い時期の水やりには注意が必要です。

氷点下の温度になると、
朝に水をやるとそのまま凍ってしまいます。

根っこが凍ってしまうと、
傷んでしまいます。

その場合は、日中にお水を与えるようにしましょう。

 

 

 

肥料の与え方について

植えつけ時に元肥として、
リン酸分の多いマグアンプがお勧めです。

追肥にも使用できます。

リン酸成分は、
花の成長に適した成分になります。

お花には、リン酸って覚えておきましょう。

 

マグアンプ(お花を綺麗に咲かす最適な肥料)

 

 

 

 

病害虫対策について

使用する道具

 

 

アブラムシ

オルトランDX粉剤・ベニカJスプレー・ベニカベジタブルスプレーを散布します

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
アブラムシの退治・駆除・予防の仕方について 農薬を使用しない方法や効果的な農薬・おすすめの方法を紹介します

 

 

 

 

灰色かび病

「STダコニール1000」や有機農産物栽培に使える殺菌剤「カリグリーン」で防除しましょう。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
灰色かび病の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します

 

 

 

 

ウドンコ病

STダコニール1000を散布します

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい
うどんこ病の原因や症状について 感染前の予防方法・お勧めの治療方法(農薬)について紹介します

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください



コメントを残す