シュウメイギクの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

シュウメイギクは、
菊に似た白やピンクの花を咲かせる宿根草です。

キンポウゲ科の植物で、花の形はアネモネに似ていて、
清楚な花をつけ、風にそよぐ姿は秋の風情があります。

秋真っ只中の時期に咲き誇るのが特徴です。

そこで今回は、
シュウメイギクの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

シュウメイギクの花言葉について

シュウメイギクの花言葉は、
「薄れゆく愛情」「あせていく愛」「淡い思い」「忍耐」「多感なとき」です。

プレゼントにする際には、
花言葉で誤解されないように気をつけてください。

シュウメイギク

 

 

 

 

シュウメイギクの育て方について

土づくりの仕方について

シュウメイギクは、水はけがよく、
かつ保水性のある用土が理想的です。

自分で配合する場合は、
赤玉土4、鹿沼土3、腐葉土3で配合して使用します。

庭植えの場合は、
腐植質を好むので、腐葉土を多く混ぜてから植え付けると良いでしょう。

腐葉土

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

夏の強い日差しと高温多湿に弱いので、
半日陰の風通しの良い所で育てます。

それ以外の季節は、よく日が当たる場所で育てます。
日当たりが悪くなると、花付きも悪くなります。

 

植えつけのッ時期は、
3~5月、9~10月です。

 

 

 

水やりの仕方について

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

地植えの場合は、
極端に乾燥しない限りは、
水やりは必要ありません。

 

ただし、真夏の暑さと水切れに弱いので、
夏の間は、朝と夕方にしっかりと水を与えます。

 

 

 

 

肥料の与え方について

高温の時期は肥料を与えません。
真夏の肥料の与え過ぎは、根っこを痛めるからです。

3月から5月の成長期には、月1回の置き肥、
または月3回ほど液体肥料を施し、
10月から11月にも同様に肥料を施します。

ハイポネックス

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

春に株分けで増やすことができます。

根を長さ5cmほどに切り、
鉢か育苗箱に横に寝かせて土をかぶせます。

 

 

 

 

病害虫対策について

アブラムシ、ヨトウムシ、メイガ、根こぶセンチュウが発生します。

 

害虫が発生したら、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

 

うどん粉病や、
水はけが悪いと白絹病が発生します。

 

予防のため、ダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す