宿根フロックスの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

宿根フロックスは、
6月下旬から7月中旬から咲き始め、
霜が降りる時期あたりまで花が咲きます。
開花期間の長い宿根草です。

品種によって、花丈にかなり違いがありますが、
高さのある品種は、1メートルを超えるものもあり、
群生させると見事です。

強健で育てやすく植え放しでも毎年良く咲きますが、
こまめに摘芯すると分枝して花つきが良くなります。

そこで今回は、
宿根フロックスの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

宿根フロックスの花言葉について

宿根フロックスの花言葉は、
「合意」「一致」です。

小花が集まって咲く姿に由来します。

宿根フロックス

 

 

 

 

宿根フロックスの育て方について

土づくりの仕方について

市販の草花培養土を使用します。

草花用培養土

 

 

 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、
3月~5月、10月です。

鉢植えで育てる場合は、
素焼きの鉢を使用するか、鉢底石を敷いて、
水はけと通気性を良くします。

鉢底石

 

自分で配合するは、
赤玉土中粒5、腐葉土3、酸度調整済みピートモス2の配合土に、
適量のリン酸分を含む緩効性化成肥料を混ぜて使用します。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

地植えの場合は、根付いたら特に水やりの必要はありません。
自然の雨のみで大丈夫です。

 

 

 

 

肥料の与え方について

鉢植えの場合は、
開花期間中、緩効性化成肥料を与えます。

マグアンプ

 

地植えの場合は、
特に肥料を与える必要はありません

 

 

 

 

増やし方について

株分け、根伏せ、種まきで増やすことができます。

おすすめは、株分けです。
春と秋に行います。

 

種まきの発芽率はよくないらしいので、
お勧めしません。

 

 

スポンサードリンク




 

 

病害虫対策について

うどん粉病が発生しやいです。

早めの殺菌予防を心がけます。

ダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す