アベリアの育て方について 肥料の与え方・増やし方・病害虫対策など、元気に育てるコツを紹介します

アベリアは生垣や下草、公園、川沿いの緑道、街路樹などに
とてもよく使われている半常緑低木です。

葉色が豊富で、
昨今ではカラーリーフとしても人気があります。

四季咲きといえるほど長い開花期や、
半常緑でありながら寒さに強いという特徴を受け継いだ、
優秀な園芸品種です。

そこで今回は、
アベリアの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

アベリアの花言葉について

勢いよく伸びた枝先に、
たくさんの小さな花をつけることから、
「強運」という花言葉がついています。

また、「謙虚」「謙譲」の花言葉もあり、
個々の花の小さくつつましい姿に由来するともいわれます。

アベリア

 

 

 

 

アベリアの育て方について

土づくりについて

アベリアは、特別土質は選びませんが、
水はけのよい土壌が適しています。

水はけの悪い土壌では、生育が悪くなるので注意してください。

鉢植えでは、保水性、排水性よく、
腐植質に富む土壌だとよく生育します。

赤玉土(小粒)5に、鹿沼土(細粒)2、
腐葉土3の割合で配合した土を使うとよいでしょう。

 

 

 

 

植えつけ方について

真夏と真冬を除けば、
いつでも植えることが出来ます。

庭植えの場合は、
根鉢の2倍の深さと幅の植え穴を掘り、
腐葉土を掘り上げた土の1/3ほど混ぜて植えつけます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

水やりの仕方について

庭植えの場合は、
特に水やりの必要はありません。

ただ、夏場にあまりにも乾燥するようなら、
朝か夕方に水を与えます。

鉢植えの場合は、
土の表面が乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

 

 

 

肥料の与え方について

花が咲き終わって、
2月から3月の間に寒肥を与えます。

開花中盤の9月中旬には、
油粕を与えましょう。

寒肥

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

アベリアは、夏の挿し木で増やすことが出来ます。

用土は鹿沼土を使用します。

 

 

 

 

病害虫対策について

ほとんど発生しません。

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す