宿根カスミソウの育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

宿根カスミソウは、
一年草の一重咲きのカスミソウよりも、
花が小さい八重咲きです。

花束やフラワーアレンジメントの添え花として人気があります。
枝分かれして大きく広がって咲く性質があります。

そこで今回は、
宿根カスミソウの育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

宿根カスミソウの花言葉について

宿根カスミソウの花言葉は、
「人の魅力を引き出す」「切なる願い」です。

 

赤いバラやカーネーションなどの印象の強い花と組み合わせると、
ボリュームアップして、
花の美しさがいっそう引き立つことからつけられています。

宿根カスミソウ

 

 

 

 

宿根カスミソウの育て方について

土づくりの仕方について

市販の草花用培養土を使用します。

草花用培養土

 

自分で配合する場合は、
赤玉土、腐葉土(又はバーク堆肥)、軽石砂を6:3:1程度に混ぜて使用します。

 

 

また、庭の土を使用する場合は、
腐葉土(又はバーク堆肥)と有機質肥料を入れ、苦土石灰を混ぜ込みます。

草花用培養土は、酸性土壌を嫌いますので、
苦土石灰を混ぜてやや浅めに植えつけます。

苦土石灰

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、
10~11月です。
株張りが良いので、
株間は30cmほどあけます。

日当たりと水はけが良いところに植えます。

 

 

 

 

水やりの仕方について

宿根カスミソウは、過湿に弱いです。

土の表面が乾いたら、
しっかりとみ水を与えます。

 

 

 

 

肥料の与え方について

草花培養土を使用した場合は、
最初に元肥が入っているので、
春になったら追肥として液肥を2週間に1回程度施します。

ハイポネックス

 

 

自分で配合した場合は、
元肥として、緩効性肥料を混ぜ込んでおきます。

その後は、春になったら追肥として液肥を2週間に1回程度施します。

マグアンプ

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

挿し芽で増やします。

6月ごろに、
枝の先端を7~8cmの長さに切り取って挿し木します。

 

挿し芽に発根促進剤メネデールを使用することによって、
失敗を防ぐことが出来ます。
薄めたメネデール液に2~3時間浸してから、挿します。

 

メネデール

 

 

 

病害虫対策について

アブラムシやウドンコ病が発生することがあります。

 

害虫が発生したら、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

うどん粉病には、
予防のため、ダコニールで対処しましょう。

広範囲の病気に防除効果がある、
総合殺菌剤です。
ダコニールに対する耐性事例が見つかっていませんので、
お勧めの農薬になります。

 

ダコニール1000

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す