シラン(紫蘭)の育て方について キレイに咲かせ、元気に育てるコツを紹介します

シラン(紫蘭)は、ランの仲間です。
ランというと、育てにくいのではないか?
と思う方もいますが、シラン(紫蘭)は育てやすくて、
初心者の方にもおすすめです。
日本にも自生しています。

スッキリとした姿で、野草味あふれるランです。
植え放しでも良くふえ、数年で大きな群落になります。

そこで今回は、
シラン(紫蘭)の育て方について、
紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

シラン(紫蘭)の花言葉について

シランの花言葉は、
「互いに忘れないように」「苦しむ勇気」「変わらぬ愛」です。

 

シラン

 

 

 

 

シラン(紫蘭)の育て方について

土づくりの仕方について

シラン(紫蘭)の根っこは、空気を好みます。
ですので、水はけの良い土を使用します。

市販の山野草用培養土が適しています。

山野草の土

 

自分で配合する場合は、赤玉土小粒、鹿沼土、軽石などを、
等量で配合したものを使用します。
それに、緩効性肥料を混ぜ込んでおきます。

 

 

スポンサードリンク




 

 

植えつけ方について

植えつけの時期は、3月・10~11月が適しています。

 

シラン(紫蘭)は、根の成長が早いので、
鉢植えの場合は、
一回り大きめの鉢を使用します。

たっぷりと水をやり、日陰で1週間ほど管理します。
その後、日当たりの良い場所に移動しましょう。

 

日なたでも半日陰でも良く育ち、
寒さに強く戸外で越冬することができます。

 

 

 

 

水やりの仕方について

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、
しっかりと水を与えます。

 

地植えの場合は、
特に水やりの必要はありません。
自然の雨のみで大丈夫です。

 

 

 

 

肥料の与え方について

植えつけの時に、
元肥として緩効性化成肥料を1株当たり数粒施します。

マグアンプ

 

 

4~6月の成長期には2週間に1回液体肥料を施し、
同時に置き肥をします。

ハイポネックス

 

 

スポンサードリンク




 

 

増やし方について

種まきと分球で増やすことが出来ます。

一般的には、分球で増やします。

毎年、地下球は分球しながら増えるので、
芽がついていることを確認し、地下球を分けます。

 

 

 

 

病害虫対策について

ナメクジやアブラムシが発生します。

アブラムシが発生したら、オルトランが効きます。

2つの浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る効果が持続します。
葉の裏・土の中など、直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も、
効果的に退治します。
土にばらまくだけで植物に吸収され、
植物全体を害虫から守る予防的効果が約1ヵ月(アブラムシ)続きます。

オルトランDX粒剤

 

 

ナメクジ対策としては、ナメクジバリア粒剤がお勧めです。

その名の通り、ナメクジを寄せ付けない薬剤です。

雨に強く、
ナメクジよけ効果が1.5ヵ月持続します。

直接かければ、退治することもできます。

 

以前も使用していましたが、
使い勝手がよく効き目があっていいですよ。

ナメクジバリア粒剤

 

 

ガーデニングや植物の育て方、気になる知恵袋の検索に利用してください          ↓   ↓   ↓     スポンサードリンク


コメントを残す